グルメ

西中洲に個性派ラーメン店がオープン

2015年02月23日 14:00 by 山田 祐一郎

「MEN LABO」というちょっと変わった店の名前。店主に聞くと、MENは麺、LABOはLaboratory(研究所)の略。つまり、麺の研究所という意味でした。

最近、西中洲のデルタウエストにひっそりとオープンした「MEN LABO」は、店名からもわかるように、普通のラーメン店ではありません。その証拠に、店頭にぶらさがる提灯には「豚骨はございません」と書いてあります。豚骨以外のラーメンを提供しているわけですが、そのラーメンはどれも超個性的です。

例えば、“博多雑煮”からインスパイアされたという塩味の「博多雑煮ラー麺」があれば、熟成醤油を使ったあごだしに鴨だしを合わせた醤油ラーメンもあり、さらには牛タンで出汁をとり、それをつけ麺で出す一杯もありました。鴨を丸鶏の状態から煮込んで出汁をとった鴨だしのラーメンまで、実に多種多彩です。どのラーメンも共通し、スープには化学調味料を使わず、素材の旨みで味をつくっているため、後味の良さも魅力です。

全粒粉を練りこんだ自家製の麺にも店主の情熱が詰まっています。太さは中細で、ちぢれタイプ。ほどよく熟成させたという麺は食感が滑らかで、プリッとした歯切れの良さを兼ね備えています。

現在プレ営業中で、ランチタイムは日替わりであご出汁塩ラーメンorつけ麺+かしわおにぎりのセット(680円)を提供しています。そのほか、「魯山人醤油卵かけご飯」「牛タンつけ麺」「鴨ラーメン」なども楽しめますよ。




【1】熟成醤油鴨ラー麺(980円)。【2】あごだし博多雑煮ラー麺(850円)。【3】店は西中洲のデルタウエスト1Fにあります。

取材・文:山田 祐一郎
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

MEN LABO(メン ラボ)

住所 福岡市中央区西中洲 3−1  デルタウエスト1F− H
TEL 092-712-0606
営業時間 20:00〜翌1:00頃(売り切れ次第終了)
定休日 不定(製麺のため)
PAGE TOP