天神サイト ライターリスト

WRITER

  • 筒井あや

    筒井あや

    舞台情報誌「シアタービューフクオカ」発行人・編集長/プランナー・コピーライター。
    流通業界を経てフリーランスのコピーライ...
    舞台情報誌「シアタービューフクオカ」発行人・編集長/プランナー・コピーライター。
    流通業界を経てフリーランスのコピーライターに転身。芝居好きが高じて「THEATER View FUKUOKA」を06年に勝手に創刊。他にイベントプランニング、カルトナージュ講師など無作為に活動。日本経済新聞にて劇評コラム連載執筆中。

    続きを見る

  • simoonu(シモーヌ)

    simoonu(シモーヌ)

    タウン情報誌の編集者を経て、フリーのエディター&ライターに。グラノーラの『FRUCTUS』のweb&PRも担当しています。アパレル&雑貨... タウン情報誌の編集者を経て、フリーのエディター&ライターに。グラノーラの『FRUCTUS』のweb&PRも担当しています。アパレル&雑貨ショップをメインに、カフェや大衆食堂など、福岡のオモシロイ場所に出没中。オシャレな人、可愛い人、個性がぶっとんだ人(笑)に興味津々! いつも自転車で天神界隈をぐるぐる回っていま~す。「天神サイト」ではファッションを担当☆

    続きを見る

  • S子

    S子

    「天神サイト」百貨店&ショッピングビル&ホテル担当。
    地元情報誌の編集部にて、良き先輩・仲間に恵まれすくすく成長。主にフ...
    「天神サイト」百貨店&ショッピングビル&ホテル担当。
    地元情報誌の編集部にて、良き先輩・仲間に恵まれすくすく成長。主にファッション&ビューティページを担当したのち、フリーライターとして独立。おしゃれもおいしいものも大〜好き。旅行も大好き。年1回の海外と、年数回の国内旅行でパワー温存。山登りも楽しい、キャンプも行きたい、ゴルフももっとがんばらなきゃ〜! と、欲が多すぎて困っちゃう(誰か止めて)30代女子です☆

    続きを見る

  • 山内淳

    山内淳

    ファッションはもちろん、部屋もオシャレにしたいアラサー男子。フリーライターとして活動し、「原稿執筆のテンションを上げる!... ファッションはもちろん、部屋もオシャレにしたいアラサー男子。フリーライターとして活動し、「原稿執筆のテンションを上げる!」を言い訳にさまざまな雑貨が日々増殖中。憧れはデザイナーズチェアが似合う部屋。

    続きを見る

  • 弓削聞平

    弓削聞平

    年間のべ1000軒の外食外酒している暴飲暴食エディター。主に「福岡」と「食」をテーマに編集や出版を行っている。グルメマガジン... 年間のべ1000軒の外食外酒している暴飲暴食エディター。主に「福岡」と「食」をテーマに編集や出版を行っている。グルメマガジン「epi」「ソワニエ」元編集長。「聞平堂」として「ぐる〜り糸島」「福岡の隠れ家・穴場」「福岡深夜ごはん」などを出版。ブログ「福岡外食三昧」をほぼ毎日更新中。
    弓削聞平の福岡外食三昧

    続きを見る

  • 秋吉真由美

    秋吉真由美

    フリーランス・ライター/エディター。福岡の情報サイトのライター・編集を経て独立。現在、舞台や映画、アート、街ネタを中心に... フリーランス・ライター/エディター。福岡の情報サイトのライター・編集を経て独立。現在、舞台や映画、アート、街ネタを中心にさまざまなジャンルを各種媒体で執筆中。今夢中なのは、落語と相撲と野球。

    続きを見る

  • 木下 貴子

    木下 貴子

    フリーエディター、ライター。地元情報誌で編集経験を積み、渡英。2年後に帰国しフリーランスに。得意ジャンルはアート、グルメ... フリーエディター、ライター。地元情報誌で編集経験を積み、渡英。2年後に帰国しフリーランスに。得意ジャンルはアート、グルメ、旅。グルメは「epi」の編集を経て、2010年より福岡のグルメマガジン「ソワニエ」の編集チームにて活動中。年々肝臓が衰えてきつつも、ビールとワインをこよなく愛し、日々増量中。アートと旅は、ライフワーク。2014年9月にはアートラヴァー仲間3人でアート冊子「九州・沖縄アーティストファイル」を出版!

    続きを見る

  • 森 絵里花

    森 絵里花

    福岡生まれ博多湾育ちのフリーエディター&ライター。ツイッターでの食べ歩き日記をきっかけに編プロへ入社し、2018年フリーラン... 福岡生まれ博多湾育ちのフリーエディター&ライター。ツイッターでの食べ歩き日記をきっかけに編プロへ入社し、2018年フリーランスへ転身。地元タウン誌やグルメ情報誌「ソワニエ」の編集・ライティングを中心に活動を続け、公私共に年間200軒以上を食べ呑み歩く、呑み喰い道楽女子。高級ランチから路地裏の酒場までオールマイティに放浪中。
    Instagram:morika0812

    続きを見る

  • 江月義憲

    江月義憲

    北九州市戸畑区出身、クリエイティブ・ディレクター。飲食情報誌「epi」の創刊メンバーとして参加し、「ソワニエ」~「ソワニエプ... 北九州市戸畑区出身、クリエイティブ・ディレクター。飲食情報誌「epi」の創刊メンバーとして参加し、「ソワニエ」~「ソワニエプラス」のエディター&ライターを歴任。その間ワイン好きが高じて、日本ソムリエ協会認定のソムリエ資格を取得。サッカー好きでもあり、Jリーグをはじめ海外では欧州を中心に英仏独伊西のスタジアムを歴訪。生きているうちに日本代表がW杯決勝に進むのを見たい。

    続きを見る

  • 下田 浩之

    下田 浩之

    ラブエフエム所属。天神サイトチーフ。カレーとハイボールが好きです。(あまりグルメの記事は書きません)... ラブエフエム所属。天神サイトチーフ。カレーとハイボールが好きです。(あまりグルメの記事は書きません)

    続きを見る

  • ソノユウ。

    ソノユウ。

    若者のまち・天神で働くこと、もうすぐ20年。若者とはいえなくなった今でも、天神で青春の片鱗を温めながら、最近ではもっぱら&ldq... 若者のまち・天神で働くこと、もうすぐ20年。若者とはいえなくなった今でも、天神で青春の片鱗を温めながら、最近ではもっぱら“大人の穴場探し”も趣味に。「毎週末の居酒屋よりも月に一度の寿司がいい」。そんな極上の一軒に出会いたい欲求も、毎夜ワインを飲みながら“筋トレ”を欠かさないアンバランスさも、80S世代の真骨頂。情報もメタボ脱出、筋量アップ!天神を遊ぶ大人の“新陳代謝”を刺激したい、勝手気ままなコラム(のつもり)。

    続きを見る

  • 深江久美子

    深江久美子

    ラブエフエム所属。天神サイトの運営周りを担当。働きながら家事と子育てを両立させることが当分の目標。筋金入りのホークスファ... ラブエフエム所属。天神サイトの運営周りを担当。働きながら家事と子育てを両立させることが当分の目標。筋金入りのホークスファン。

    続きを見る

  • はたゆう

    はたゆう

    ラブエフエム所属。天神サイトの運営周りを担当。「ミニマリスト」に憧れながら、実はその陰で、クローゼットの中はミニマルにな... ラブエフエム所属。天神サイトの運営周りを担当。「ミニマリスト」に憧れながら、実はその陰で、クローゼットの中はミニマルになれず困り果てる今日このごろ。気づけば「スカート」を買い集めるスカートフェチ??!

    続きを見る

  • 山田 祐一郎

    山田 祐一郎

    ライター、ヌードルライター、フードコーディネーター。美味しいものを食べ、美味しい店の情報を誰かに伝えるのが大好きです。現... ライター、ヌードルライター、フードコーディネーター。美味しいものを食べ、美味しい店の情報を誰かに伝えるのが大好きです。現在、飲食関連の全国誌や九州圏域の情報誌、企業のホームページ、会社案内を中心に執筆活動を通して、どん欲に食の情報を集めています。実家が製麺業を営んでいることもあり、とくに「麺」の情報には強いです。「1日1麺」を合い言葉に麺を食べ歩いています。最高1日13,000アクセスの麺ブログ「その一杯が食べたくて。」 も日々更新中。

    続きを見る

  • 太田有実子

    太田有実子

    福岡・天神を中心に雑誌、広告、WEBのファッションライターとして活動。10代はDCブランドに夢中になり、20代で古着やデザイナーズブ... 福岡・天神を中心に雑誌、広告、WEBのファッションライターとして活動。10代はDCブランドに夢中になり、20代で古着やデザイナーズブランドの魅力にハマり、30代ではハイブランドやドメスティックブランドで大人かわいいスタイルを実践中(年齢より若く見られ過ぎるのが、ややコンプレックス)。取材はもちろん、プライベートの買物でほぼ毎日のように歩いている大名、今泉、警固エリアのショップのことならおまかせ。刺激を求めて定期的に東京(好きなのは表参道〜青山)へもトリップ。

    続きを見る

  • 玲奈

    玲奈

    ファッションライターとして話題のショップをまわり、トレンドの服に囲まれ、365日24時間いつも服やアクセのことで頭がいっぱいだ... ファッションライターとして話題のショップをまわり、トレンドの服に囲まれ、365日24時間いつも服やアクセのことで頭がいっぱいだった20代。人様の装いを斜め目線でチェックして、「私がイチバン!」といわんばかりに様々な実験的テイストで着飾り、欲しいモノをバンバン買って、甘い妄想に舞い踊る日々。
    ところが30歳目前にいったヒマラヤのトレッキングで、荷物を軽くするため最小限の衣服(Tシャツと下着各2枚、アウターとズボンは着ている1枚だけ)で挑んだ約2週間中「服ってなんだ!?おしゃれって?」と、これまでのファッションが実は自分を守る見せかけ鎧カブトだったことに気づく。
    思いがけず肩の力が抜けてからは「自然体がイチバン」。持っていて幸せになれるものだったり、たまの贅沢だったり、生きる上で貴重だと思える「中身重視」なおしゃれとの出会いを楽しんでいます。その後、娘が生まれた今は、彼女に伝えたい感覚も意識しつつ。
    天神サイトでは、街ネタチームとしてファッションを中心に雑貨、インテリアなどを担当します。

    続きを見る

PAGE TOP