グルメ | 新店舗オープン

今までにないタイプの餃子に、開ける餃子の新世界

2017年12月26日 12:00 by 木下 貴子

白金のメインストリートから一筋入った、路地裏にともる灯りに照らされる『新世界餃子』の文字。なんとなくアジアンチックな雰囲気で、好奇心がそそられます。その名前からお分かりのように、こちらは餃子の専門店。それも「肉汁焼き餃子」という独自の餃子を看板にしています。


カジュアルな雰囲気の店内は明るく、家族連れや女性同士にも人気です。


洋食出身の代表・蓮さんと和食出身の店長がタッグを組んで、新しいことをやろうとはじめたお店。「場所が住宅街なので食事でもご利用いただけること、そして何か1つ専門を出そうというところから考えました」と蓮さん。「分かりやすさ、入りやすさ、博多の人に好まれそうなもの…と自分たちがお客の立場になって話し合った結果、餃子で勝負することにしました」。

看板メニューが決まった後は、思考錯誤の日々の始まりです。県内はもちろん、県外や関東県まで足を運び色々な餃子を食べ歩くなか、「今までにないタイプの餃子を出したい」と試作を重ね、看板メニューの「肉汁焼き餃子」が生みだされたのです。

福岡の餃子は一口サイズが主流ですが、この「肉汁焼き餃子」(6個518円)は大きめ。噛めば餡から肉汁がジュワと染み出すので、出されてすぐの焼き立ては要注意。一口で食べたらさぁ大変、熱々の肉汁で口の中を火傷しちゃいますよ~。


蒸し焼きのため皮はつるんとしてもっちり。国産豚肉や国産野菜に牛脂を加えた餡は、ほんのり甘く上品な味わいです。これまた特注で一番粗く挽いてもらったという豚ミンチを使うため、肉の食感も楽しめます。

この「肉汁焼き餃子」をベースに、「紫蘇&チーズ入り」(6個583円)、「エビ&チリ入り」(6個583円)などを中にトッピングを入れる餃子もあります。季節限定のプレミアム餃子もあって、冬場のいまは「広島産牡蠣入り」(4個648円)、「フォアグラ入り」(4個648円)などユニークな、まさにどこにもない餃子がメニューに並びます。

こんな餃子も。上から「麻辣油&胡麻ダレ水餃子」(6個583円)、「坦々スープの炊き餃子」(6個864円)。炊き餃子は、残ったスープに麺を追加することもできます(162円)。



さらに火傷にご注意!の「激汁 焼き小龍包」(6個777円)も。


さらにサイドメニューも充実しています。
「長崎五島産天然胡麻サバ」(1,058円)。


「博多地鶏のタタキ」(842円)。


「焼き豚足」(842円)。


〆にどうぞ。「石焼レタス炒飯」(950円)。


ドリンクはビール、ワイン、焼酎、日本酒などひと通り揃えますが、オススメはキンキンに冷えた「スパークリングワイン」(グラス518円・ジョッキ734円)。さっぱりしていて、餃子がどんどん進みます。

「僕らはこれまで洋食と和食という他の分野でやってきたため、特に餃子に強いこだわりがあったわけでもありません。でもだからこそ、いろいろとチャレンジができるんです。そういう意味も含めて『新世界』なんです」と蓮さん。「肉汁焼き餃子」を軸に多彩な餃子を提案し、さらに季節限定の餃子まで。バラエティかつアイデアに富む、新しい餃子の世界への扉を開いてみませんか?

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

博多 新世界餃子

住所 福岡市中央区白金1丁目6-1
TEL 092-753-8750
営業時間 18:00~24:00
定休日 日曜
PAGE TOP