グルメ | 新店舗オープン

北九州発の安い、美味い、お酒によく合う餃子、大名に現る!

2018年04月24日 12:00 by 木下 貴子

2年前に北九州の小倉魚町にオープンし、すでに魚町にもう一店舗、そして東京の新宿に一店舗と、スピーディーに店舗を増やしている『餃子のたっちゃん』。この4月にここ福岡にも登場しました。

場所は、天神西通りから入った大名の、旧大名小学校正門跡のすぐそばです。「女性も入りやすい雰囲気にしました」と営業企画部長の志垣辰徳さん。白木を使って明るく、すっきりした内装に仕上げられています。


店名からお察しのとおり看板メニューは「餃子」。店内にはオリジナルソング「餃子の唄」の歌詞が掲げられています。


『たっちゃん』の餃子は、ビール会社「サントリー」のグルメ開発部と一緒に、美味しいだけでなくお酒にも合うを目指し開発したものだといいます。志垣さんたちは一年がかりで全国の餃子を食べ歩きながら、「大きさ」「皮の厚み」「お酒との相性」など練り上げていったそうです。

その餃子がこちら! 唄にもあるように餡は野菜たっぷり、パリッと焼き上げられる薄皮はもちっとした歯ごたえ。自家製の味噌ダレ2:醤油1:酢1のタレとともにいただけば、口の中に幸せ~が広がります。ニンニク不使用なので、においも気にせずパクパクいただけちゃいます。


「焼餃子」は博多の一口餃子よりも一回りほど大きいサイズで7個280円。やや皮を厚めにしてつるんといただける「スープ餃子」は5個480円、熱々の肉汁にご注意!の「肉汁餃子」(4個480円)です

『たっちゃん』には餃子のほかに「鶏の半身揚げ」「肉豆腐」といった名物も。

こんがりキツネ色が食欲をそそる「鶏の半身揚げ」(980円)。やわらかいひな鶏を使い、パサつきを出さないよう出汁に漬けこんで蒸したあとに揚げるため、ササミまでもジューシー。



カウンター横の大鍋で牛肉と豆腐を甘辛くコトコト煮込む「肉豆腐」(380円)。煮玉子入りは480円です。


餃子専門店というよりも、大衆酒場。上記三大メニューのほかにも、刺身や一品料理、アテ、揚げもの、ご飯ものなど多彩に揃えています。

ショーケースには刺身やキムチ、惣菜などがずらりと並び、待つことなくすぐにいただけます。なかでも注目は「マグロぶつ」。実は『たっちゃん』は「まぐろやナポレオン」の系列店。小380円、大590円と美味しいマグロが安価で楽しめるのです。



福岡店オリジナルのメニュー「麻辣肉まぜそば」(690円・ハーフサイズ480円)は〆にぴったり。



さて餃子といえばビールが鉄板ですが、最近はハイボールやレモンサワーを合わせる人も多くなっています。そんな風潮のなか、「うちでももちろんビールが人気ですが、『檸檬フィズ』もおすすめです」と志垣さん。

レモン皮を漬け込んだ焼酎を強炭酸で割った「檸檬フィズ」(450円)は、酸っぱさを抑えるためにさとうきびシロップでほんのり甘みを追加しています。このバランスが絶妙で、ぐびぐびいけます。



この大容量。身長170センチの志垣さんが持ってもこれほどの大きさ。



日常使いができるよう値段を抑え、飽きがこないよう豊富にメニューを揃えます。「でも料理はしっかりと手は抜きません。言うならば、部下や後輩を連れてきても恥ずかしくなく、かつ財布を気にせずご馳走ができる店です!」との言葉からも自信がうかがえます。

さらに16時から18時までハッピーアワーでは、「焼餃子」「生ビール」「檸檬フィズ」が半額! たとえば1人でふらり立ち寄って、さっくり「焼餃子」(半額140円)と「檸檬フィズ」(半額225円)を楽しむとしたら、なんと365円という激安価格。これだったら、買い物途中にちょっと寄ることもできちゃいますね。だって、ニンニクのにおいを気にする必要がないのですから。

オーダーストップは深夜3時。「〆だけのご利用も大歓迎です」と志垣さん。0次会から1次会、2次会、〆の店として、はたまたサラリーマンから女性客、家族連れまで。いろんなシーンで使ってください」。日常使いに重宝する大衆たちの強き味方、参上です!


 

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

餃子のたっちゃん 天神西通り店

住所 福岡市中央区大名2丁目6-5 天神西通り館1F
TEL 092-738-0029
営業時間 16:00~翌4:00〈OS翌3:00)
定休日 不定
PAGE TOP