グルメ

削りたての鰹節が味の決め手のそば店が高砂で開業

2015年10月15日 10:00 by 山田 祐一郎

9月16日、高砂の路地裏に江戸風のそばを提供する店「風りん」がオープンしました。店名にもなっている「風りん」。これは、そばの元々のスタイルである“夜鳴きそば”にちなんでいます。その昔、夜鳴きそばの主人が風りんを鳴らしながらそばを売り歩いていたそうで、そんな古き良き風情を表現しているのです。

店主・立川さんは元々、バーを営んでいました。その頃からそばをこよなく愛し、食べ歩いていたそう。そのうち、自身でそばを打つようになり、いつからかそば店開業を志しました。関東で学び、江戸風のそばづくりを体得。この店では、その時々で旬の厳選した国産のそば粉を用い、二八で仕上げたそばを提供しています。「出汁にも力を入れています。鰹節を削る機械を購入し、毎日、削りたてで出汁をとっているんですよ」と立川さんは笑顔を見せます。
そばは700円から用意。冷たいそばには「もりそば」(700円)、「ごま汁そば」(800円)、「天もりそば」(1,500円)など、温かいそばには「かけそば」(700円)をはじめ、「花巻そば」(800円)や「鴨南蛮そば」(1,500円)などが揃います。
天ぷらの盛り合わせや卵焼き、焼きのり、板わさなどおつまみもあり、そば前も楽しめますよ。
10月15日現在、夜のみの営業ですが、近日中に昼営業も開始するそうです!




【1】中からの光が漏れて、白い暖簾が引き立っています。【2】写真は鴨つけそば。【3】写真はつけとろそば。

取材・文:山田 祐一郎
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

風りん

住所 福岡市中央区高砂1丁目6−6
TEL 092-531-6888
営業時間 17:00〜23:00
定休日 日曜、祝日不定
PAGE TOP