グルメ

天神サイトライターがおくる、私が愛する“パン”と“コーヒー”(3)

2014年10月23日 12:00 by JUN

パンの焼ける香り、淹れたてのコーヒーの香りには、人の心を豊かにさせる魔法が潜んでいると、私は確信しています。

トングとトレーを手に、ベーカリーでパンを選ぶ時のワクワク感。
豆の香りに包まれながら、カフェでコーヒーを味わう時のくつろぎ感。

何気ない日常のひと時でありながら、こんなにもお手軽に幸せ気分になれるなんて、パンとコーヒーって本当にエライ!!…なんて思うことが多々ありますが、皆さんはいかがでしょうか?

「天神サイトライターがおくる、私が愛する“パン”と“コーヒー”」特集、今回はグランド ハイアット 福岡のベーカリー〈STAR26(スタール ヴァンシス)〉と、イタリア最高級の老舗コーヒーブランド“illy(イリー)”のカフェバール〈エスプレッサメンテ イリー〉をご紹介いたします!
 



●クオリティの高さと親しみやすさが両立した、ホテルのパン屋さん〈STAR 26(スタール ヴァンシス)〉

“天神サイトライターがおくる私が愛する“パン”と“コーヒー”

福岡のハイグレードホテルの筆頭格、グランド ハイアット 福岡。筆者は宿泊したことはありませんが、会見の取材などで訪れることが度々あります。仕事が一段落した時、私が密かに楽しみにしているのは、ホテルB1Fにあるペストリー&ベーカリー〈STAR 26(スタール ヴァンシス)〉。ここをチェックして帰らなきゃ来た意味がないでしょ!と思うほど、愛してやまないお店です。

 

“天神サイトライターがおくる私が愛する“パン”と“コーヒー”

 

パン以外にも、ケーキなどの生菓子、贈り物にも重宝する焼菓子類が販売されています。おしゃれなラベルが目を惹くドリンク類もあり、他ではなかなか見かけない品揃えは、さすがホテル内のショップといった印象。

 

“天神サイトライターがおくる私が愛する“パン”と“コーヒー”

タルトにデニッシュ、キッシュにピザetc…一般的な食事パンからデザート系のものまで幅広くラインナップ。季節によって品揃えも少しずつ変化するので、訪れるごとに楽しみなんですよね〜。

 

“天神サイトライターがおくる私が愛する“パン”と“コーヒー”

 

中でも食事パン系好きな筆者が必ず買って帰るのは、こちらのブリオッシュ。卵とバターがたっぷり入っているのは、生地の色を見れば一目瞭然ですね。食べる時はオーブントースターで軽く焼いてから、ほんのりとした甘さとサックサクの食感を楽しんでいます!バターも何もつけずにいただく、完成された美味しさです。
★ブリオッシュ(290円[税抜])

 

“天神サイトライターがおくる私が愛する“パン”と“コーヒー”

また、スタール ヴァンシスに来たら要チェックなのが、ホットサンドウィッチ!
店頭でオーダーして、焼き上がるのを待ちましょう。テイクアウトはもちろん、できたてをいただくならイートインでどうぞ。コーヒーなどのドリンクとセットにすれば、軽いランチにもなっちゃいます。日替わりのホテル特製スープ(激ウマなのでぜひご賞味あれ!)も、なんと+190円でセットになりますよ♪


★ホットサンドウィッチ(各430円[税抜])
※季節により内容が変更になる場合があります
 ・半熟卵とハム+玉ねぎ+ピーマン+チーズ
 ・サーモン+きのこ+ほうれん草+タマゴサラダ+チーズのバジル風味
 ・明太子+ハム+レタス+クリームチーズ+シュレッドチーズ
★ドリンク
※ショーケース内のケーキ、ホットサンドウィッチ、サンドウィッチをご注文の場合に限りセット料金で提供されます
 【一例】
 コーヒー、アイスティー(各単品340円[税抜]/セットでは190円[税抜])
 カフェラテ、ダージリンティー(各単品390円[税抜]/セットでは290円[税抜]) など
★ホテル特製スープ(単品290円[税抜]/セットでは190円[税抜])
※ホットサンドウィッチまたはサンドウィッチをご注文の場合に限りセット料金で提供されます


その他、ビールのつまみにも最適なガーリックラスクや、天神サイトに以前掲載したモンブランなど、個人的にオススメが多すぎて紹介し切れないのが口惜しい!
ホテルのベーカリーゆえに一見敷居が高そうなイメージなのですが、とても良心的な価格で美味しさを提供してくれるスタール ヴァンシス。これからも通わせていただきますっ!!

 

【ペストリー&ベーカリー STAR 26(スタール ヴァンシス)】
●住所:福岡市博多区住吉1-2-82 グランド ハイアット 福岡 B1F
●TEL:092-282-1234
●営業時間:11:00〜21:00
●URL:http://fukuoka.grand.hyatt.jp/

 


 

●まぶしいイタリアンレッドに引き寄せられる!イタリアンバール〈エスプレッサメンテ イリー〉

“天神サイトライターがおくる私が愛する“パン”と“コーヒー”


天神地下街の要所中の要所、地下鉄天神駅とクロスする2番街・インフォメーション広場前に、2014年1月にオープンした〈エスプレッサメンテ イリー〉。朝7:00から夜は23:00まで開いていて、ロケーションの良さもあり、使い勝手バツグンのお店です。

 

“天神サイトライターがおくる私が愛する“パン”と“コーヒー”

 

イリーのブランドカラーである、パキッと鮮やかな赤がインテリアの随所に使われ、明るいイメージの店内。地下街を行き交うたくさんの人の姿がガラス越しに見え、いかにも街の中心にあるカフェの風情です。喧噪の中にありながらも、店内は決してせかせかした印象は感じられず、思い思いにゆっくりできますよ。

 

“天神サイトライターがおくる私が愛する“パン”と“コーヒー”

さて、イリーと言えば紹介しないわけにはいかないのがエスプレッソ!
濃厚なエスプレッソには、やはり砂糖を入れて。オンブラ(イリーのエスプレッソのためにデザインされた、平たい形状のオリジナルスプーン)でサッと混ぜた後は2〜3口で飲み干し、その後カップの底にたまった砂糖をすくって味わいます。朝の目覚めの一杯やランチ後の一服で飲むのはもちろん、お酒が飲めない私にとって、夜いただくエスプレッソは仕事帰りに一息つける格別の味です。
エスプレッソをかけて仕上げるデザートも人気。季節限定の「モンブラン・ティラミス」は、マロンの風味豊かなティラミスクリームを絞った中にビスコッティが入った、なめらか+サクサクのデザート!クリームの甘みとエスプレッソのほろ苦さが絶妙に溶け合います。
★エスプレッソ(300円)
★モンブラン・ティラミス(580円) …季節限定 ※2015年1月31日まで販売

 

“天神サイトライターがおくる私が愛する“パン”と“コーヒー”

そんなイリー自慢のエスプレッソを使ったドリンクの中でも、試して欲しいのがアイスカプチーノ。
一番上の層は、つやつやでとてもクリーミーなフローストミルク。驚くほど密度が濃い泡はモチモチ&モコモコしていて弾力があり、時間が経っても溶けにくいのが特徴です。上に描かれたハートマークは、コーヒーが良い状態でないと沈んでしまうので、バリスタさんがお客様の目の前でパフォーマンスをするのは、つまり“コクがある”証明というわけ。西尾産の抹茶を使ったアイス抹茶カプチーノ、ダブルエスプレッソのアイスカプチーノ共に、甘すぎず大人の味です。実は筆者は牛乳があまり得意ではないのですが、イリーのカプチーノは美味しくいただけました。
★抹茶カプチーノ《Hot/Ice》レギュラー410円/グランデ450円
★カプチーノ《Hot/Ice》レギュラー370円/グランデ410円

 

“天神サイトライターがおくる私が愛する“パン”と“コーヒー”

「カフェに行くなら、断然ホイップクリームたっぷりのドリンクが楽しみ!」という人も多いはず。そんなあなたには、ドルチェプレッソ・チェリーチョコラート(季節限定)をオススメします。
ほのかに甘酸っぱいチェリー&チョコレートクリームをたっぷりホイップした上から、フランボワーズパウダーとチョコレートフレークをトッピング。グラスの底に入ったチェリーシロップがダブルエスプレッソのラテと相まって、華やかな味わいに。見た目もキュートで、女心をくすぐるデザートドリンクです♪
★ドルチェプレッソ・チェリーチョコラート《Hot/Ice》580円…季節限定 ※2015年1月31日まで販売

 

“天神サイトライターがおくる私が愛する“パン”と“コーヒー”

カフェを利用する上で重要なポイントとなるのは、美味しさはもちろん、雰囲気の良さも外せません。〈エスプレッサメンテ イリー〉のスタッフの皆さんの接客は明るくて、間違いなく元気をもらえます。

親しみやすいのにおしゃれなところも、筆者がこのお店をオススメする理由のひとつ。老若男女幅広い年齢層のお客さんが訪れている様子を見て、たくさんの人の日常に寄り添っているお店なんだなぁと改めて感じ、今回の取材でイリーのことがもっと好きになりました♪

 

【エスプレッサメンテ イリー福岡天神地下街店】
●住所:福岡市中央区天神2丁目天神地下街2番街300号
●TEL:092-732-1686
●営業時間:7:00〜23:00(OS22:30)
●定休日:無休
●URL:http://espressamenteilly.jp/

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP