グルメ

優雅な空間にぴったりの、極上フレンチトースト

2015年04月04日 08:00

ヨーロッパの王宮!? と見まごうここは、ホテルニューオータニ博多1階のグリーンハウス。本日はこちらの優雅な空間でフレンチトーストをいただきます。

フランスの画家、ポール・ギヤマンの「エデンの園」に迎えられて席へ。美しい色使いにうっとりしながら、“その時”を待ちます。

待つこと約10分。厨房から、料理長・西村シェフが、満面の笑みを浮かべてご登場。その手には…おぉ!出来立てのフレンチトースト!

朝食の名物メニューとして、そのキャリアは十数年。少しずつモデルチェンジを繰り返し、その度にパワーアップしてきたフレンチトーストは、シンプルなように見えて貫録たっぷり。何でも、各地のおいしいものを知り尽くしたキャビンアテンダントにも大好評で、ここにステイする時はもちろん、別ホテルでのステイ時にもわざわざ食べに訪れる人もいるほどだとか!
単品900円、コーヒーセットは1400円です(いずれもサービス料別)。

注目は、何と言ってものぶ厚さ。グリーンハウスオリジナルのサンドウィッチパンを7㎝の厚切りにし、注文を受けてから液にくぐらせてソテー(もっと長い時間浸していると思ったので意外!)。さらにじっくりとオーブンで焼き上げて、完成!上表面には、シナモンシュガーをたっぷりと(苦手な方は事前に伝えると外してもらえます)。なお、プレートを彩るデコレーションは、担当するシェフによって変わるのだそう。

一刀目、行きます!…サクッ。と聞こえたかと思うとシュワシュワシュワ…。ナイフがあれよあれよと沈んでゆきます。口に入れてもまずはサクッ、それからすぐに、シュワシュワシュワ…。幸せだなぁ。

そして二口目にはぜひ、口どけなめらかなホイップバターを乗せて。

さらに、“一番搾り”のカナダ産バージンメープルシロップを乗せていただきます! (後ろに隠れているのははちみつ。メープルシロップと同様、カナダから取り寄せた逸品です)。

もう、言うことございませんね。そのままで、ホイップクリームを乗せて、メイプルシロップをかけて、はちみつをかけて、キャラメリゼしたバナナと一緒に…ひと口ごとに違う味わいが楽しめます。あっ、プレートに乗ったアイスクリームも一緒に食べてみなくちゃ~~!

しばらくすると、さりげなくスタッフさんがコーヒーを…。なんとお替わり。さすがはホテル!

あぁ~ここが自分の家だったら良いのになぁ。いや、たまのご褒美だからいいのかな。何はともあれ、このフレンチトースト、マニアなら一度は食べておかねばならない一品ですよ!

●URL:http://www.kys-newotani.co.jp/hakata/

プレイス情報PLACE

ホテルニューオータニ博多

住所 福岡市中央区渡辺通1丁目1−2
TEL 092-714-1111

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP