グルメ

【博多 水炊き とり田】移ろう味を五感で楽しむ「新・水炊き」

2012年08月13日 12:00

昼の接待から家族の食事会まで、幅広い用途に使える水炊き専門店が7月30日(月)、薬院にオープンしました。オーナーは洋画家の旧邸で「手島邸」を営む奥津啓克さん。と聞けば、身を乗り出すグルマンもいるのでは? 打ちっぱなしのコンクリートに漆喰や無垢材、大川組子が不思議な調和を見せるコンテンポラリーな和の空間には、郷土料理の奥深さを再認識させられる食の体験が待っています。
コースは、スタンダードな「梅」(3,800円)、ごまさばやとり天が入る「竹」(4,800円)、伝統本玉露からお刺身盛り、選べるデザートまでしっかり九州の味を網羅した「松」(5,800円)の3つ。濃厚な白濁のスープに始まり、ネギシャブとともに自家製ポン酢で味わう骨付き肉、たっぷりのスープと薬味で楽しむつみれや野菜、締めの雑炊やラーメンまで、ストーリーのある流れは水炊きならではの醍醐味。福岡の地酒やシャンパーニュを楽しみながら、たまにはそんな豊かな時間に身を投じてみませんか。
オープンからラストまでメニューは同じ。カウンターやテーブル、個室があり、人数や目的に合わせて選択できます。食材の美しい色味を損なわないフレッシュな風味の「とり田特製黄金ポンズ」、大分県院内の完熟柚子で作る柚子胡椒などの薬味にも、創意と技が光ります。
水炊きは家で食べるもの。そう思い込んでいる地元の人にこそ来てもらい、博多の郷土料理のよさを感じてほしいと奥津さんは話しています。




(上)内装のコンセプトは「間」。無垢材でまとめた店内はシンプルでモダン。(中)まずは骨付き肉を。しゃぶしゃぶ風にした薄切りのネギ、万能ネギとともにポン酢で賞味。(下)つみれは弾力と食感を出すため、ごく少量の砂肝が加えられている。

プレイス情報PLACE

博多 水炊き とり田

住所 福岡市中央区薬院2丁目3−30 CASE BLD1F
TEL 092-716-2202
営業時間 12:00〜OS22:00 ランチは〜OS16:00
定休日 なし
URL http://www.toriden.com/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP