ショッピング | ファッション

センス抜群の隠れ家的アパレルショップへ潜入!

2016年05月01日 15:00 by simoonu(シモーヌ)

薬院に最近オープンしたレディスショップ『GALERIE TISSU』は、目がけて行かないとなかなか見つけられない隠れ家的ショップ。なんてったって、ビルの1F駐車場を奥へと歩いて行った先にあるのだから。コンクリートに囲まれた無機質なエントランスの向こうに、温かみのある光が灯り、ようやく「見つけた!」という安堵感を抱けます。海外のアトリエのような店内には、真っ白なウエアやリラックス感のある服が並び、ダークトーンの無骨な入口からは想像つかないようなラインナップ。

 

 

 

「“ほどよい余裕と贅沢”をテーマに、国内ブランド〈UNIVERSAL TISSU〉をメインに取り揃えています」と語るのは店長の松田さん。〈UNIVERSAL TISSU〉は元パタンナーとデザイナーの2人が手掛けるブランドで、TISSU=生地にこだわり、天然素材などを用いながらシルエットが美しい服をつくり出しています。ゆったりとしたワイド幅のカットソーや、深いVネックの女性らしいワンピースなど、スタイリッシュだけどサラッと普段使いしやすいのが魅力。シルエットやディテールまで気を利かせたデザインは、一枚取り入れるだけでこなれた雰囲気を演出できそう。

 

 

こちらのショップは、金沢の有名ショップ『GALERIE Noyau』の店主がディレクションを手掛けたとか! 商品構成や内装などにセンスが光るのも納得! 取り扱うのは、〈UNIVERSAL TISSU〉のほか、〈SWANLAKE〉のトレンチコート、カジュアルな〈DK MADE&CO〉のデニムやボーダーカットソー、レザー×ウッドなど素材使いが面白い〈Douze〉のアクセサリー、天然青森ヒバの端材を利用した〈Cul de Sac〉の収納抗菌グッズ、ナチュラルアロマ〈AMBIENTE〉のコロンやクリーム、吹きガラスの作家・津村里佳さんによる花器…などなど、身に纏ったり、使うことで心が豊かになるようなアイテムの数々。ちなみに、このオープンと同タイミングで、大阪店もオープンしたそうです!

 

 

テラスルームもあり、ここでは2カ月に一度、展示会や販売フェアなど企画イベントを開催予定。今は〈VOIRY〉の軽くて丈夫なポリエチレン素材のバッグをディスプレイ。ちょっとした荷物入れやエコバッグ、ピクニックなどのアウトドアバッグに丁度良くて、2200円〜とプチプラなのも嬉しい! すでに6月9日〜11日に「梅雨の暮らし方展」を予定しているので、今後の展開もお見逃しなく。

ショップアドレスは、薬院の福岡逓信病院の隣で、城南線から入るとわかりやすそう。駐車場の奥の突き当たりでひっそりと営業中なので、探しながら見つけてみて♪

 

 

取材・文:simoonu(シモーヌ)
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

GALERIE TISSU(ギャルリ ティシュ)

住所 福岡市中央区薬院2丁目6-32 アンコール第二ビル1F(駐車場奥)
TEL 092-715-5581
営業時間 12:00〜20:00(日祝日11:00〜19:00)
定休日 水曜
URL http://www.galerietissu.jp
PAGE TOP