グルメ

【麺酒場 木村本店】シビレる辛さに目覚める!花山椒が決め手の担々麺

2013年08月15日 10:00 by 大内理加

7月17日オープンの「麺酒場 木村本店」。こちらは、5月にオープンした警固の「SAKABAクッカー」で好評だった「四川汁無担々麺」をメインにした麺専門店。イチオシの「四川汁無担々麺」(600円)は、たっぷりのネギと挽き肉に鶏だしを絡めていただくオリジナルメニューです。辛さの主役は、丼を前にした時にふわりと香る「花山椒」。本来は、マーボー豆腐などに使われる山椒ですが、鼻から抜けるようなスッキリとした香味とピリピリと痺れるような辛さが魅力。一般の担々麺のイメージを覆す新しい辛さに、たっぷりのネギと鶏ガラのうま味が相まって、クセになりそうな味わいです。単品のほか、4種のセットがあり、半熟卵やご飯を付けることができます。

さらに、マイルドな鶏ガラスープとゴマを加えた「四川担々麺」(700円)も人気。こちらも花山椒の香りを活かすため、ゴマを少し控えめにしているのがポイントです。辛いものが苦手な人には、鶏ガラスープとダシ醤油で作った「中華そば」(600円)もおすすめ。あっさりながらもコク深いスープがじんわり染み込みます。夜は「バンバンジー」(450円)や「水ギョウザ」(500円)など、単品料理も登場。飲んだ後のシメにもぴったりですし、特に麺好き、辛いもの好きな人は新しい辛さとの出会いに驚くこと請け合いです。


【1】「本場四川汁無担々麺」ののぼりを目印に。店内はカウンターのほか、座敷も1室あり。
【2】四川汁無担々麺(600円)と四川担々麺(700円)。温泉卵付きはプラス100円。辛さは1〜5段階あり、花山椒抜きも選べます。汁無担々麺は、約20回以上混ぜて、よく絡めて食べましょう。

取材・文:大内理加
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

麺酒場 木村本店

住所 福岡市中央区舞鶴3丁目8−1
TEL 092-724-9314
営業時間 11:00〜14:30(OS)、17:00〜23:00(OS) ※麺・スープが無くなり次第終了
定休日 不定

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP