ひと

“感じがいい”独身アラフォー カナエさん(仮名)38歳の場合 vo.4 〜福岡男子37歳の本音。

2018年09月02日 21:00 by 千葉ユウ


vo.3を見るhttps://tenjinsite.jp/topics/topics/67765

アラフォー女子の告白。

 カナエさんは、一世一代の決断をした。それは38歳で人生初めての告白。昔みたいに、好意をアピールして、男性からのアプローチを待っているような年齢でもない。大輝さんと会う次の約束で言おうと決めた。

 会う約束ができてからもLINEの頻度は上がることはなかった。「きっとダメなんだと思う。だって好意があれば、LINEだってどんなに忙しくても返そうとするじゃない?」と、弱気なカナエさん。確かにそうだ。年齢を経てくると、余計な駆け引きを省いてやりとりはシンプルになってくるものだ。すると、連絡がないことはひとつの答えとも言える。友人から始まった仲ではないため、フラれたら大輝さんとはそれまで。会うことだってないだろう。そのことが、告白をさらに怖くさせた。

 カナエさんは緊張しながら、なるべくシンプルな言葉で気持ちを伝えた。この一週間、「つきあいたい」というフレーズをいろんなパターンで練習した。目をそらしながらだったが、重たくならないようなるべくポップに話し、彼もちゃんと聞いてくれた。“運命の相手かもしれない!”と浮き足立った自分、少しでもキレイになろうと頑張った自分、LINEが来ずに不安に押しつぶされそうだった自分、これまでのいろんな気持ちが込み上げてくる。

 大輝さんは、その答えを用意していたような落ち着きぶりだった。「カナエさんの気持ちはすごく嬉しい。だけど付き合うとはちょっと違うんだ」と大輝さん。覚悟していたとは言え、カナエさんには、詳しくその理由を聞く力もなかった。後日、こちらから大輝さんに気持ちの真意を聞いてみた。

 


37歳独身・彼女ナシの男の本音

 つまり大輝さんは、意識高い系だ。1日1日を楽しむことに貪欲な人だった。刺激をくれ、互いに高めあって発展していける相手が理想だったのだ。「自分の人生を楽しんでいるくらいがいい」と言う。いつも自分が言うことに「いいね」「すご〜い」と頷くカナエさんは、一見甲斐甲斐しくもあるが、大輝さんにしてみれば理想とは違うタイプ。フットワークが軽く、いつも新しい情報と、高いアンテナをもつ友人に囲まれた彼は、物足りなさを感じたのだ。そして大輝さんはこうも言う。「ここまで彼女がいないと、理想を下げるのではなく、むしろ上がっていく。完璧な女性を求めてしまう。だって1人でもいいとも思っているから」。人柄も容姿も仕事も申し分ない37歳で、彼女なし。カナエさんが抱いた「何かあるのでは?」という落とし穴は、そこだった。

 最近多くなってきているパターンの男性。こういう人に対しては、天涯孤独になって人恋しくなる時を待つほかないのかもしれない。彼はカナエさんと共通項を話すことは楽しく、だからこそ誘いがあれば気軽に乗った。世間一般的な目線で見れば、カナエさんはいい奥さんになる人なのだが、その感覚が同じなら大輝さんだって結婚は早かっただろう。彼女のもつ“感じの良さ”は大輝さんの欲を満たせなかったのだ。また、体を鍛え見かけも若々しい彼には、相手を選べる男の余裕を感じた。これが、約9万人も女性が多い福岡ならではの男女差なのかもしれない。
 でも、大輝さんは家業を継ぐべき存在。独りで人生を謳歌しているような女性は、家業の電話番や伝票整理をする日々は窮屈に思うに違いないと思うのだが…。


カナエさんの今。

 カナエさんと久々に会った。毎日泣いてばかりだと聞いていたが、少しは元気を取り戻し、また自分磨きと大好きな旅行に行きだしたそう。だけど、紹介や合コンにはまだ行く気にはなれないと言う。カナエさんが感じた“人間的に合う”という感覚は、まだ強烈な印象として生々しく残っている。「本音を言うといつかまたタイミングが合った時に、大輝さんと一緒になれるんじゃないかなって。今彼は満たされているけど、人恋しくなった時にあの人間的に合った感触を思い出してくれたらなって」と、打ち明けてくれた。それがカナエさんの今の支えになっているなら、それでいいと思う。執着したまま生きるのは危険だが、かつての明るい表情に戻った姿を見て、現実になってほしいと願うのだった。引き続き、カナエさんの恋の行方は追っていきたい。

 

 来週から登場する新たな福岡女子は、今年6月に39歳で結婚した新婚さん。出会って4ヵ月で結婚にいたった経緯をレポートします。

 

“感じがいい”独身アラフォー カナエさん(仮名)38歳の場合

vol.1を見るhttps://tenjinsite.jp/topics/topics/67590
vol.2を見るhttps://tenjinsite.jp/topics/topics/67708
vo.3を見るhttps://tenjinsite.jp/topics/topics/67765

職場のお客さんと結婚した優さん(仮名)39歳の場合 

vol.1を見るhttps://tenjinsite.jp/topics/topics/67890

 

【イラスト】
諫山直矢/福岡在住のイラストレーター。自治体や企業の広告や販促物、また店舗やオフィスの壁画を担当するなど幅広い分野で活躍中。大人の強さと色気をまとった女性をモチーフとしたオリジナル作品制作にも力を入れる。

取材・文:千葉ユウ
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP