まち | ひと

路地を歩けば、いい顔に当たる。西鉄のれん街×すご腕ガールズ

2016年05月05日 12:00

●ビルの中にも、いい路地といい笑顔
天神の路地で忘れちゃいけないのが“ビルの中”の路地。ランチもいいが路地っぽさに浸るなら、やはり夜。ハシゴ酒を目論み、“ビル飲み”したい。例えば、西鉄天神大牟田線の高架の横にある西鉄のれん街なんて最高だ。

 

西鉄のれん街の左奥に陣取るのは女性オーナー&全員女性スタッフの「コチソバ」。みなさんカフェスタッフばりにキュートなのだけれど「実は以前から西鉄のれん街に憧れていました」と意外な一面も。同所には天神の老舗である、パスタ・グラタンの店「ミラノ」や焼き鳥の「ジュジュ」などが看板をかかげ、「コチソバ」店長の北島さんもリスペクトしているそう。

一方、約半数はここ5年ほどでオープンした「コチソバ」をはじめとする比較的新しいお店。新店パワーと老舗の貫録が混じり合う空気感も魅力だ。場所はビックカメラの裏、2Fにメディアカフェポパイがあるビルと言えば、若い世代にも分かりやすい。

ちなみに、西鉄のれん街のお向かいにある新天神ビルも、福岡(天神)駅からすぐの場所にあるとは思えないほどの昭和感がしたたる。2軒まとめてビルの路地を飲み歩けば、福岡のまちがもっと豊かに見えてくる。

 



●北島店長が教える、カジュアルそば屋呑み
「そば屋で飲む」はオトナな感じだが、「コチソバ」ではぐっとカジュアル。オトクなのは2,000円のそば会席。天ぷらほか人気メニュー&シメのそばでこの値段と、さすがの路地的良心価格。「昼でも夜でもどうぞ!」と北島店長がすすめるように、ランチが一段落した頃に訪れて、ゆっくり盃を傾ける人もいる。夜になると水餃子や出汁巻き玉子とつまみが充実。ぜひ月替わりで揃える日本酒と共に。


今回の情報が掲載されている天神マガジン「ep.」はこちらでゲットして ≫
http://tenjinsite.jp/ep/

PAGE TOP