ショッピング

“日本”をコンセプトにセレクトした雑貨店がオープン!

2013年09月27日 08:00 by 山内淳

“日本”をコンセプトとする生活用品店『LIFE IN THE GOODS.』が、9月14日にオープンしました。ただ単純に“メイド・イン・ジャパン”な商品を取り扱っているのではなく、海外製の素材を使っていても日本人作家の作品だったり、アメリカのライフスタイルマガジン「KINFOLK」の日本語版(ちなみに、1号目は日本特集)だったり、どこかで“日本”が関わっているものをセレクトしています。

特にうつわは充実していて、糸島の窯元「醇窯」高須健太郎さん、有田の照井壮さん、小代焼の福田るいさん、唐津のmonohanakoこと中里花子さんといった作家のほか、桜島の火山灰を調合した釉薬を刷毛で塗って焼成して鉄のような質感に仕上げた鹿児島発のブランドの〈ONE KILN CERAMICS〉の磁器「Ashシリーズ」もあります。

また、原糸選びや糸のより方にまでこだわった〈FIBER ART STUDIO〉は、タオルやルームシューズ、クッションなどがあり、心地よい肌触りと吸水力に優れています。こちらは〈今治タオル〉とコラボしたものもありますよ。そして、〈YAVO LAB〉のバッグは日本人デザイナーが海外のユーズド生地をリメイクしたもの。同じパターンで作られたバッグでも、生地によってそれぞれ異なる表情が魅力。どれも一期一会の出合いとなっています。

店内の一部什器類は東京で活躍する造形ユニット「GELCHOP」が手掛けており、受注生産を受けているのは福岡でもここだけです。ランタンを利用したライトは『LIFE IN THE GOODS.』のために作られたもの。現在は展示のみですが、お客からの評判も良いため、今後販売されるかもしれません。

うつわやウェア、木工、家具、文房具など、取り扱いジャンルは幅広いですが、“日本”をキーワードに揃えられた商品は、不思議と統一感が感じられるもの。ちょっとだけ豊かな気持ちになれる、普段使いのアイテムがここにはあります。




【1】西鉄バス大手門停留所から徒歩1分の場所にあるビルの2階
【2】さまざまな作家のうつわと「GELCHOP」が制作したランタン
【3】〈FIBER ART STUDIO〉のタオル類はプレゼントにも喜ばれそう

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

LIFE IN THE GOODS.(ライフ イン ザ グッズ)

住所 福岡市中央区大手門1丁目8−11  サンフルノビル2F
TEL 092-791-1140
営業時間 11:00〜20:00
定休日 火曜
URL http://lifeinthegoods.jp/
PAGE TOP