グルメ

カスタードクリームにクッキーが入ったオリジナルな一品

2020年09月06日 15:00

ドアを開けると甘〜い香りが漂ってくる店内には手書きのポップが飾られ、いかにも「町のケーキ屋さん」という雰囲気です。奧の工房で黙々とお菓子づくりに専念するオーナーパティシエの安部守さんは20代のときに本場のフランスで修業し、現地の権威あるコンクールで優勝した経験を持つ実力派。ご夫婦で営む『ABEL』では、気どりのない手づくりスイーツをリーズナブルな価格で提供してくれます。

この店で、ぜひとも食べたいスイーツの筆頭が「シュークリーム」(180円、4個以上は160円・共に税抜)。前日から仕込んだカスタードクリームの中に、サクッとした食感の自家製クッキーが挟まれたオリジナルな一品です。毎日約100個ほど作っていますが、ギフト用にまとめ買いするお客さんもいて売り切れてしまうこともある人気ぶりなので、早い時間に行くことをおすすめします。

看板に掲げられた「キャンディ」も、安部さんの得意なお菓子の一つ。赤や緑、オレンジやイエローなど色とりどりの瓶詰や、昔懐かしい渦巻きタイプなど、見ているだけでも楽しくなります。賞味期限も約半年ほどと長めなので、何種類が買い置きしておくのも良さそうです。


※外出の際はマスクや手洗いを忘れずに。3密を避けながらお出かけしましょう。



「3時のおやつ」特集はこちら↓↓↓

プレイス情報PLACE

sweets candy ABEL(アベル)

住所 福岡市中央区舞鶴2丁目4-2 ミラバ天神1F
TEL 092-714-2812
営業時間 10:00〜18:30(土曜は〜17:30)
定休日 日祝日、ほか不定休あり
URL http://www.abel-sweets.jp

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP