日々是食欲

今年のバレンタインは何チョコを?

2017年02月09日 08:00 by 弓削聞平

 今年もバレンタインデーが目の前ですね。岩田屋の「サロン・デュ・ショコラ」をはじめ、各百貨店、商業施設、路面店など、街はバレンタイン一色です。しかしながら、私が一番「女子からいくつチョコをもらえるか!」というようなことを気にしていた若かりし頃に比べると、今はだいぶ様相が変わってきました。なにせ、このときしか買えないプレミアチョコが買えるとあって、自分のため(マイチョコ)、あるいは同性の友達にあげるため(友チョコ)に買う人も多くなり、以前に比べると「女性から男性への告白」という目的で買う人の率は減ってきている、というか、それ以外の方が増えてきたといった方が正解かもしれませんね。ネットリサーチのディムスドライフが昨年行った調査によると、26.8%の人が自分用も買い、16.3%の人が同性の友達にチョコをあげるという結果だったそうです(複数回答)。しかし自分用も買うという人が4人に1人というのは、ぼくの想像よりは少ない感じです。

 そもそも昔はいつもは女性から告白しづらいからこんな理由づけをして告白しやすいようにしていたわけですが、いまやむしろ男性の方が告白に対して度胸がなかったりするご時世です。まあ、いずれにしても海外ものをはじめ、スペシャルなチョコレートが巷にあふれるのはうれしいことですよね。とはいえ、男性はこの季節に、チョコレート売場を歩く勇気がなかなかなく、自分用に買うのはかなりハードルが高いから、やっぱり義理でもなんでも、女性からもらえるのを待つしかないんですよね。

 さて、皆さんはどこでチョコレートを買いますか? 催事? 路面店? コンビニ? 昨年は今泉に「green bean to bar chocolate」もできましたし、そろそろパリ店がオープンする福岡の老舗「チョコレートショップ」を忘れてはいけません。迷いますねー。

岩田屋「サロン・デュ・ショコラ」に出店している「ピエール・マルコローニ」のチョコレート。

「green bean to bar chocolate」。このチョコレートはバレンタイン商品ではありません。

取材・文:弓削聞平
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP