グルメ

博多区店屋町で評判の支那そばが薬院3丁目でも楽しめるように。

2016年06月22日 08:00 by 山田 祐一郎

5月末、博多区店屋町に本店を構える「支那そば 月や」が薬院3丁目に姉妹店をオープン。本店もカフェさながらのお洒落な雰囲気ですが、この薬院店もその流れを受けています。外観はグレーと白、ベージュを基調にし、オリーブの木が植えてあるなど、すぐにラーメン店とは分からない造りです。


↑こちらが外観です。

店内に入っても、外観から受けた第一印象が変わることはなく、グリーンのランプシェード、カウンター席に取り入れられたネイビーのアクセントカラー、木の質感が伝わってくるイスなど、女性が一人でも気兼ねなく入れる雰囲気でした。

店名にも謳ってある「支那そば」とは、千葉県のご当地ラーメンとして知られる「竹岡ラーメン」にヒントを得た一杯です。その最たる特徴がスープ。一般的なラーメンは鶏ガラや豚骨で出汁をとり、そこに醤油ダレなどを加え、味を調えるます。しかし、竹岡ラーメンは、醤油ベースのタレに麺を茹でるお湯、もしくは普通のお湯を入れてスープにするという独特な手法を採用しているのです。


↑単品の支那そばは600円。

これに着想を得たのが月やの支那そばで、この店ではチャーシューを煮込んだ際の煮汁に、さらに別の醤油を合わせて醤油の甘み、まろやかさを演出しています。そこに鶏ガラやモミジでとった出汁を合わせて完成。博多っ子が親しみを覚える甘めのスープに仕上げています。支那そばのほか、チャーシューそば750円、ワンタンそば750円も選ぶことができました。


↑平打ちのちぢれ麺はもちもちとした食感がウリ。


↑支那そばの薬味には黒胡椒と柚子ゴショウを。

通し営業なので、お昼を食べ逃した、という時にも嬉しい。ランチは17時までとゆったりで、シュウマイや月やオリジナルのカツ丼などがお得なセットで味わえます。


↑支那そばとセットで楽しめるシュウマイ。ご飯とシュウマイのセットで+250円


↑ソースカツ丼のセットは+300円

 

取材・文:山田 祐一郎
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

支那そば 月や 薬院店

住所 福岡市中央区薬院3丁目3-23
TEL 092-753-7589
営業時間 11:30~21:00(LO20:30)
定休日 日曜
PAGE TOP