日々是食欲

2015年上半期、福岡の飲食トレンド

2015年07月09日 08:00 by 弓削聞平

2015年ももう半分終わってしまいました。いつからですかね、こんなに日が経つのが早くなったの。生誕半世紀誕生会とかしてもらったのがついこの前のような気がしますけど、もう5年近く前のことですもんね。そしてあと5年経つと・・・。うわ〜、考えたくない。でもね、ぼくの周りにはとても元気でとても楽しそうな還暦組が何人もいて、あんなふうになれたらいいなって思ったりはします。

ま、そんな話はどうでもよくて、今年も半分終わったところでちょっと福岡の飲食業界の上半期を振り返ってみましょう。なんといっても目立つのは相変わらずの肉ブームですね。1、2年前から続いていて、「もう供給過多じゃない?」とか言われつつ、未だに出店が続いています。熟成肉だ、稀少部位だって肉ジャンルのなかでもいろいろな業態ができていますが、そんななかでも個性的なのはジビエ専門店「カルネ」ですかね。あ、これは去年か。上半期じゃなかった。だけどここまで増えた肉業態、来年、どうなんだろう。さすがに多すぎる気がしますけどね。

あとは関東関西では勢いのあるクラフトビール。専門店はこの上半期では増えてないように思いますけど(去年あたりは増えました)、既存の店がドリンクメニューのラインナップに追加したりはしています。そういう意味で飲む人は確実に増えている気がしますし、関東関西の流れをみると、下半期か来年あたりはもう少し専門店も増えるような気がします。

あとは中華が少し増えてます。実は福岡は大衆中華はそこそこあるけど、中華ダイニングが少ないと言われてきました。そんななか1年半前にオープンした六本松(桜坂か)の「凜丹」はとにかく予約がとりづらい人気店になってて2号店の噂もあるほどです。今年うれしかったのは高砂の「エムズグリエ」に中華シェフが入って「エムズグリエLin」として中華ダイニングバーになったことです。ランチもやってて重宝してます。あと、ONO グループ出身の方が警固で始めた「マンダリンマーケット」も人気のようですね。

さて、最近でいえばコールドプレスジュースが注目ですね。天神には「ウォーカージュース」http://www.walker-juice.com/ ができましたし、リニューアルした「ソネス」もウリの1つにしています。なんでもニューヨークとか東京とかでは人気らしく、福岡では阪急の「ELLE CAFE」がいち早く取り入れてましたね。オトコのぼくには、このあたりのジャンルのリアリティはよくわかりませんが、ジュースクレンズという、固形物を食べずにこういうジュースで一定期間過ごす(プチ断食)っていうのも注目されてるのだとか。日頃暴飲暴食のぼくも、たまにはこういうので胃腸を休ませることも必要な気はしますが、なかなかいいお値段なので誰かプレゼントしてくれないかな(ウォーカージュースのHPによるとクレンズメニューは1日分500ml×5本 9,000円、3日分25,000円)。いやいや、もらっちゃうとしないといけないもんなぁ。正直、無理です。ま、クレンズしなくても、普通にジュースとして飲むと健康にもいいらしいから、もらったら喜んで飲ませていただきます(ジュースは1杯1000円前後)。しかし、これ1回飲んだからって、健康にはならないだろうから習慣づけないといけないんだろうなぁ。う〜ん、やっぱりハードル高いぞ。


1.住吉の熊泰精肉堂のランチ、カルビ丼。ここは肉の小売りもしている。
2.walker juiceは大丸の目の前。

取材・文:弓削聞平
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP