グルメ

空腹でも二日酔いでもやおいうどんと生きる

2015年04月27日 10:00

●飲むように食べたい天神・老舗の一杯
ここまでを振り返ると通勤時間が短いのでアフター5が長く、鶏肉消費量が日本一なほど焼鳥に目がない。ならば仕事帰りに飲みに行き、翌日はちょっと二日酔い気味…なんて人が多いのも必然!?

このような特性を持つ我々のランチにぴったりなのが、香り高い出汁にぽわんぽわんとやわらかな麺の“うどん”。「やおいうろん(やわらかいうどん)」という方言の響きそのままのイメージで、疲れた胃にもするする収まり、落ち着かせる。老舗「因幡うどん」は福岡市でそんなうどんが食せる店の代表格。天神の真ん中のソラリアステージ店には、朝9時の開店からお客さんが途切れることなくやってきて、昼11時にはほぼ満席。華やかな外食メニューは数あれど、やっぱり最後は「因幡うどん」に戻ってくる。ああ落ち着くと心ほどける一杯だ。

出汁や麺は、昔から変わらず手作り。えび天、ごぼう天などのトッピングも自家製。工場は天神3丁目にあるという「因幡うどん」。正真正銘、天神生まれのソウルフードなのである。

●因幡うどん ソラリアステージ店
昭和26年創業。北海道羅臼産の天然昆布、五島・島原産煮干いりこなど、天然ものの海の幸を贅沢にかけ合わせてとった出汁が絶品。麺は自家製のゆで置きで柔らかく優しい口当たり。他にノスタルジックな店構えも素敵な渡辺通店、博多駅店、博多デイトス店もある。

【因幡うどん ソラリアステージ店】
●住所:福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージB2F
●電話:092-733-7085
●営業時間:9:00〜21:15L.O.
●定休日:ソラリアステージ休館日に準ずる



※詳しくは天神マガジン「ep.」で!
「ep.」はこちらでゲットして ≫
http://tenjinsite.jp/ep/


【1】エビ天うどん 480円
トッピングのおすすめは、自家製のエビ天。おいしい出汁とほんのり香ばしいエビ、そして時間が経つにつれて出汁に溶け出す天ぷらとのコラボレーションを楽しんで。どんぶりが空になるまで飲み干そう!

PAGE TOP