グルメ

【選べる和食】あり得ないランチ!もう、これは北天神の事件!クオリティもお値段もハイパフォーマンス!

2015年02月27日 11:00 by ソノユウ。

あの「小野」グループが、また、やってくれました。

小野社長自ら、毎朝、長浜市場へ足を運び、厳選した最高の鮮魚を目利き!?「九州の本当に旨いものを食べてもらいたい」と、地産地消にこだわり抜いたその一品を、贅沢に振舞うのが小野のスタイル。しかも社長自ら、腕をふるうのですから、大人がこぞって足を運ぶのにも合点がいきます。

それに、場所は大名でも今泉でもない。?北天神というのも、知る人ぞ知る大人の隠れ家空間と呼ばれる由縁。この路地裏の先にその入口があります。

 

ランチのスタイルはいたってシンプル。1,280円と1,480円の2コースのみ。時間も2時間限定です(11:30〜13:30のみ)。その“枠”を狙う大人たちがこの路地裏に続々と吸い込まれていくのです。

 

そのランチのスゴさ、百聞は一見に如かず。まずはとくとご覧ください!このハイパフォーマンスを。もう、カメラのファインダーにおさまりきれないんですよ!写真は1480円のコースですが、メインが5種の中から3種選べ(1280円のコースは2種類)、これに小鉢2種、白飯、味噌汁、生卵、漬物がついて、このボリューム!この日のランチはメインから次の3品を選びました。「刺身7点盛り+いくら+ごま鯖」と「鹿児島産黒毛和牛のビーフストロガノフ」と「「北海道産しまほっけ+トロサーモンの塩焼き」です。※この日の素材と産地

 

ボリュームはもちろん、そのクオリティが格別。メインディッシュの1品目、刺身7点盛り…そもそも刺身7点盛りって、これ「夜」の一品でしょ!寒ブリ、タイ、サーモン、アジ、タコ、サバ、北海道産生ウニ、真アラ、ヒラマサ、中トロ炙り、唐津産アワビ、天然ヒラメ+海鮮漬け!しかも新鮮さこの上ない刺身を昼から、このボリュームでいただけるって、ランチ接待の切り札になります。しかも、これに+いくら&ごま鯖…って、これ本気ですか?小野社長。

 

「自分が毎朝市場で仕入れるから、仕入れたものはその日のうちに使いたいんです。それと、このランチはもともと本店の新規改装オープン※「HAPPY(3月2日オープン)」に伴う一時休業のため、本店に通ってくださったお客様に申し訳ないと2月から始めたものだったのです。ところが、連日満席となり、みなさんから<今後もやめないで欲しい!>というお声が続々と寄せられたのです。このとおりの大盤振る舞いですから、迷いはしましたが、もうあとには引けず(笑)。喜んでいただけるならがんばってやってみようと決心したのです」と、小野社長。

 

どうですか?こちらのメインディッシュ2品目。北海道産しまほっけ+トロサーモンの塩焼き。

 

こちら、鹿児島産黒毛和牛のビーフストロガノフもかなりのボリュームですよ。牛肉の柔らかさ、ソースのコクがたまりません!メインディッシュ3品目です。

 

味噌汁だって、海老が2尾も。これに、白飯、生卵、漬物がつくのですが、なんと、食べ放題!白飯は保温ジャーのままテーブルにやって来ます。最初の一杯はスタッフがよそおってくれますが「そのあとはお好きなだけ、お好きなように」と、スタッフさん。海鮮漬けの刺身と、卵黄と、野菜(この日は刺身に添えられた糸島産ダイコン)でお茶漬けにする方もいるそうです。

 

完食するのもタイヘン!極め付けは締めの<しらす>の蒸籠蒸しごはん。ね!そもそも、白飯のおかわりどころか、白飯までもいきつかないほどのボリューム。まだあるんです。小学生+600円で、小学生以下+300円で同伴も可能。つまり、パパが1,480円コース+ママの1,280円コースに上記の子ども料金を追加すれば、ぜーんぶを家族4人でシェア!「ランチで食べて感動された方が、土日に家族サービスしたいということで生まれたシステムです」。ははー!もう、参りました!満腹、満足です!

 

2階からは、隣の「大長寺」さんの境内が眺められ、癒しのツボも大人がハマる理由。バスに乗って行っても十分、元とります。予約だってできるのですから、いざ!な時には食いはぐれなしです。

 

ね、事件でしょ。

取材・文:ソノユウ。
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

小野の離れ

住所 福岡市中央区舞鶴1丁目3−11  2F
TEL 092-726-6239
営業時間 17:00〜24:00
定休日 日曜
PAGE TOP