グルメ

天神サイトライターがおくる私が愛する“パン”と“コーヒー”(5)

2014年10月28日 12:00 by 筒井あや

みんなが大好きなパンー。クロワッサンやメロンパン、ハード系に調理系など数多くの種類があり、好みは人それぞれ。そんなパンと一緒に味わいたいのは、レベルの高さが伺える天神(福岡)のコーヒーしかありません。天神を知り尽くした天神サイトのライター陣が、本当は教えたくない絶品パンと味わい深い至福の1杯をご紹介。


●天然酵母で焼き上げるこだわりのパン「メゾン・カイザー」大丸福岡天神店


「メゾン・カイザー」は、とにかく大好きなベーカリー。常時60種類のパンが揃い、お客さんもいつもいっぱい。そして何よりも、ちゃんと試食をさせてくれるのも、買う側としてはうれしい。「メゾン・カイザー」のパンは、天然酵母を使用していて、生地の熟成に20時間もかけているという。いつも試食をさせてくれることについて、店長の大里さんは「見た目では、味のイメージがわかないんです。似たような形のパンが多いから(笑)でも、試食していただいて、パンの美味しさを知っていただくことを一番大事にしているんですよ」。それにまんまと乗っかっている自分がコワい。。。でも、味に自信があるからできること。信じててよかった!

 

 


お店の人気は、何層にもオリジナルの発酵バターが練り込まれたサクサクふわふわのクロワッサン。バターの旨味がぎゅうっとつまってクセになる。とにかく焼き上がった途端に売れて行くというからスゴい。そして「メゾン・カイザー」イチオシがこのバケットモンジュ。カリッと焼き上げられたハードパンの中は、引きがあって小麦の旨味を感じられる。

 

 

 

 


そこで、こんなにお店のおすすめを教えてもらったのに、私が行ったら必ず買うパンたちはコレ。
ホワイトチョコが生地に練り込まれた「ル・デリスブラン」、スイス産エメンタールチーズを中にも表面にたっぷり使い、チーズの香ばしさとコクと旨味がぎゅーーっと詰まった「パン・オ・フロマージュ」、そして毎日食べても飽きないオリジナルの発酵バターと生クリームを使った「食パン」。ふわふわで、ほんのり甘い感じが大好き!
そして、本当は教えたくなかった「バニラクッキー」。これはね、ホントに美味しい!口の中でホロッと崩れてサクサク。じんわりバニラの香りと甘みが広がって行く・・・。
★「ル・デリスブラン」277円
★「パン・オ・フロマージュ」389円
★「食パン」380円
★「バニラクッキー」201円

 

 

 

 


実は、「メゾン・カイザー」には隠れた名品があるんです。それが、この「タルトモンブラン」。天神・大丸で開催された「モンブラン選手権」で一位になった逸品!程よい甘みのフランス産のマロンクリーム、マロンペーストがしかれたタルト地。ほんのりラム酒も効いていて、大人のモンブランという感じ。
★「タルトモンブラン」453円

 

 

 

 


さて、いかがだったでしょうか?三度の飯よりパンが好き!と豪語する私がおすすめするパンたち。「メゾン・カイザー」は、ホントに住んでもいいくらい大好き。とりあえず、お店に行ってみて試食させてもらって、お気に入りのパンを見つけてください!

 

 

 

 

【メゾン・カイザー 大丸福岡天神店】
●住所:福岡市中央区天神1-4-1 大丸福岡天神店 本館 B2F
●TEL:092-718-3058
●営業時間:10:00〜20:00
●定休日:不定休(大丸に準ずる)

 


●コーヒー豆をその場で焙煎してくれる「iena coffee」(イエナコーヒー)

 

 

 


コーヒーの香りに誘われて、店内に入ると大きな瓶に入った、コーヒーの生豆がズラリと並ぶ。いつものコーヒー屋さんとは違う風景。「iena coffee」は、この生豆を選んで、その場で焙煎してくれるのです。どれがいいのかと、悩んでいると店長の品川未貴さんが「どんな味をお探しですか?」と聞いてくれる。そう、どんな豆、ではなく、どんな味、なのです。だって、そんなにコーヒー豆のことにも詳しくないから、好みの味を聞いてくれるのはうれしい。実は品川さんはコーヒーが好きで脱サラしてこの店をオープンしたのだとか。だから、お客さん寄りの接客をしてくれるのです。大人が気軽に入れるコーヒー店にしたい。そんな思いから作ったお店。

 

 

 


シーズンやその年によって世界各国からセレクトした豆が常時20種類ほど。しかし豆の種類や焙煎方法によって、コーヒーの味は全然違うのだとか。「よく“コーヒーは苦手”という人もいますが、自分に合ったコーヒーを見つければ、きっと好きになってくれると思います」。好みを伝えて選んだコーヒー豆は、100gから焙煎してくれる。店内で焙煎されるのを待つこと10分から20分(豆の種類にもよりますが、この日は10分程度)。いい感じに仕上がってる!(というか、いい香り!くらいしかわからないけど。)

 

 

 

 


もちろん、店内でコーヒーをいただくこともできます。実はコーヒー豆は、焙煎したてよりも、1日以上寝かせた方が味が落ち着いてくるのだそう。店内では程よく寝かせた豆を丁寧にいれてくれるので、自宅で煎れたものと飲み比べてみてもいいかも。

 

 

 

 


品川さんがいれてくれたコーヒーといっしょに、店内ではお菓子もいただけます。シフォンケーキや、具だくさんのクッキーなど、全て手作り!こだわって作られた手作りのお菓子は、コーヒーにぴったり!こんな風にコーヒーを淹れられたなら〜、なんて思いながら美味しくいただきました。

 

 

 

 


コーヒー選びのコツを聞いてみると、その時の気分や飲みたい時間に合わせて選ぶ、そしてまずは色んな味を試してお気に入りの味を見つけるといいですよ、とのこと。難しいことは考えず、どんな時に飲みたいか、酸味強い弱い、苦い方がいいとか、簡単な好みを伝えていただけると、おすすめのコーヒーを選んでくれるそうです。お店に行ったら、好みの味を伝えて、品川さんおすすめのコーヒーを飲んでみてください。そうそう!21時まで開いてるのもうれしいんですよ!

 

 

 

 

【iena coffee(イエナコーヒー)】
●住所:福岡市中央区警固2-12-20
●TEL:092-982-1007
●営業時間:[月〜土] 9:00〜21:00 [日・祝] 11:00〜21:00
●定休日:不定休

 


★★天神サイトライターがおくる私が愛する“パン”と“コーヒー”★★
 PC版スマートフォン版

 

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP