グルメ | 新店舗オープン

東京で人気のオムライス専門店「神田たまごけん」が福岡・天神に初上陸!

2018年03月15日 08:00 by 森 絵里花

2月21日(水)、東池袋や秋葉原など、東京で店舗展開する人気のオムライス専門店「神田たまごけん」がオープン。東京以外の出店は初となり、九州はもとより西日本初上陸となる注目店です。

場所は、天神3丁目。イオンショッパーズ福岡店の向かいにあたるビルの2階にあります。階段を上った先には、卵のロゴが可愛いお店の入り口が。

まずは券売機で食券を購入。オムライスメニューは「トマト」(690円)、「ハヤシ」「キノコ」(各790円)の定番に加え、春・夏・秋・冬と季節ごとに変わる「限定ソース」が用意されています。ソースの合いがけ(790円)やチーズのトッピング(+100円)も可能。ライスの量は、小盛り150gと普通250g、中盛り380g(+100円)、大盛り500g(+200円)から選べ、好みに応じたボリュームとバリエーションを楽しむことができますよ。

食券渡してオーダーしたら、お次は券売機横にあるセルフコーナーへ。嬉しいことに、オムライスに付くスープとピクルスはセルフサービスで食べ放題なんです。

「オムライスの福神漬け感覚でどうぞ」と用意された自家製の「スイートピクルス」は、ハーブと柑橘で香り付けした特製のマリネ液に季節野菜を漬け込んだ自慢の品。カリッとした食感と甘酸っぱく爽やかな味わいで、オムライスとの相性も抜群です。持ち帰り販売(大300円、小100円)もありますよ。

鶏やタマネギをじっくりと煮込んで作る「バター醤油コンソメスープ」も、深みがありクセになる味わいです。

厨房を覗くと、目にも止まらぬ早さでオムライスを仕上げる店長さんの姿が。九州産の新鮮な卵を、あっという間にふわとろの半熟に仕上げます。

チキンライスには青森県産の「まっしぐら」を採用。程よい甘味があり炒めた際にパラっと仕上がる、オムライスに最適なお米なのだとか。作り置きせず、注文ごとに鶏肉から炒めて出来立てを提供するのも、おいしさの秘密です。

仕上げにかけるソースも、もちろんオリジナルレシピです。フレッシュで爽やかな酸味のトマトソース、じっくりと煮込み寝かせたコクと深みのあるハヤシソース、クリーミーで旨味たっぷりのキノコソース…、どれも捨て難い!

今回はテッパンの合いがけ「トマトハヤシオムライス」(790円)を注文。合いがけしても、ハヤシやキノコと同一価格なので断然お得です。

オムライスにスプーンを入れる瞬間って、どうしてこんなにワクワクするんでしょう。勢いよく口へ運ぶと、卵がフワッとろ〜り! 熱々のチキンライスはパラりとほぐれて、わざと少し大きめに切られたタマネギのシャキッとした食感もたまりません。トマトソースは酸っぱすぎず、ハヤシソースに牛肉とマッシュルームがゴロッと入っているのも嬉しいポイントです。

また、現在の季節メニューは「明太子クリームオムライス」(850円)。提供は3・4・5月までの限定品となるので、こちらもお見逃しなく。

卓上には、タバスコやガーリックチップ、クレイジーソルト、ブラックペッパー、ケチャップもあり、自分好みのアレンジも可能。

店内にはテーブル席と窓際のカウンター席があり、お一人様でも立ち寄りやすい雰囲気。オムライスのテイクアウトもOKなので、何かと重宝しそうです。

また会計後には必ず、中盛りorチーズトッピングの無料券をプレゼント。有効期限はナシで、10枚集めるとオムライス1杯が無料になるそう。サービス精神も抜群のオムライス専門店、天神でお腹が空いたらぜひ立ち寄ってみてくださいね。

取材・文:森 絵里花
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

神田たまごけん 福岡天神店

住所 福岡市中央区天神3丁目16-18 大産天神ビル2F
TEL 092-707-2029
営業時間 11:00〜22:30(OS22:00)
定休日 なし
URL https://twitter.com/kandatamagoken
PAGE TOP