グルメ

【肉料理】歓声あがるボリュームのポークジンジャー 肉系フレンチを目指して、いざ白金へ! 

2015年05月29日 19:00

お馴染みの「豚の生姜焼き」がフレンチテイストに。しかも、炭火でグリル!「ガッツリ系を、ゆったりと」なんて気分なら、「mamenoki」がベストな選択だ。

180gのポークが、近火で素早く絶妙にグリルされる。目にも美味しい焼き目に、内側はふんわり。旨味を抱え込んだ、炭火ならではの焼き上がり。ここへ、みりんと醤油のタレ……ではなく、ポートワインにフォン・ド・ヴォー、香味野菜、リンゴなどを煮詰めたソースをたら〜り。ダイナミックでいて、繊細な味わいだ。

ランチ限定の4品は、一通り食べたくなる逸品ぞろい。朝挽き肉のハンバーグ、カレー本にも掲載された欧風×インド風の黒カレー、牛サガリ200gで1,620円とコスパの高いステーキ。ディナータイムは、ブロック肉を回転させながら、遠火でじっくり焼くスタイルになる。

気分も軽やかな5月だが、薬院駅からは自然と力強い足取りに。「mamenoki」の引力に、浮足立ってはいられない。

●grill mamenoki グリル豆の木
2011年1月11日にオープン。店名は、店主・積明(じゃくみょう)さんの愛称、「ジャック」にちなんで。福岡のフレンチの名店「メゾン・ド・ヨシダ」で修業するなど、20年近く料理の世界に携わる。「お肉をシンプルに食べてもらいたいから」と、フレンチの中でもグリルに特化。昨今の肉ブームの先駆けでもある。


【grill mamenoki グリル豆の木】
●住所:福岡市中央区白金2-15-17(西鉄天神大牟田線薬院駅より徒歩10分)
●電話:092-521-7966
●営業時間:11:30〜14:30(OS)、18:00〜23:00(OS)
●店休日:木曜




PAGE TOP