グルメ

【豚骨ラーメン】ランチタイムはたったの80円でミニチャーハンがセットに!

2015年02月20日 11:00 by 山内淳


福岡といえば豚骨ラーメン。天神エリアも例外なくラーメン店が多く、飲食店そのものが乱立する激戦区です。そんな中、警固四つ角に近い国体通り沿いに2014年1月末にオープンした『おいげん』は、ようやく1周年を迎えたばかりという新進気鋭のラーメン店。店名の「おいげん」とは店主・津曲剛さんの故郷・都城地方の方言で、「自分の家」という意味なんだとか。

 

 


店内はカウンター席のみでいかにもラーメン屋といった佇まいですが、壁一面に窓を設えた明るい造りなので、女性一人でも気軽に利用できます。

 

 

 

 


今回紹介するのは、平日14時まで限定の「ランチセット」。なんと、プラス80円でミニチャーハンまたはご飯と餃子(3個)がセットにできるんです。食券制なので、好みの麺類と一緒に「ランチセット」のボタンを押しましょう。

 

 

 

 


セットのチャーハンとはいえ作り置きなんてしません。通常のチャーハンと同じく、注文後に中華鍋を振るって仕上げます。具材はシンプルに刻みチャーシューと玉ネギ、ネギ、玉子のみ。ラーメンに負けず劣らずのしっかりした味付けです。

 

 

 

 


そしてこちらが「ランチセット」のミニチャーハン。メニュー名では“ミニ”となっていますが、ボリューム的には通常の半分サイズと思っていいでしょう。一般的にセットに付くチャーハンが200〜250円くらい、『おいげん』のチャーハン単品価格が400円というのを考えると、この「ランチセット」はかなりのお得さです! 

 

 

 

 


津曲さんは、濃厚スープで知られる「西谷家」(福岡市西区)の姉妹店だった「伊都商店」で店長を務めていた人物。糸島産ブランドブランド豚「伊都の豚」の頭骨を中心にブレンドし、コクを引き出したスープはこってりした味わい。手間ひまかけて豚骨の血抜きなどの下処理を徹底することで、野性味あふれる濃厚さはそのままながらオープン当初よりもクリアになっています。

 

 

 

 


湯切りは平ザルで。しっかり湯切りすることで麺のぬめりが取れ、スープが薄くならずにおいしく味わえます。

 

 

 

 


チャーシューは炭火で炙ったバラ肉か、炙らずに煮込んだモモ肉のどちらかを選ぶことができるようになりました。特に要望がなければバラ肉になるとのこと。飲んだあとのシメに来る深夜のお客からは、脂が少なめのモモ肉が好評なんだそう。

 

 

 

 


しっかり豚骨を炊き出した「豚骨ラーメン」(600円)は、こってり派にはたまらない濃厚さ。以前よりも口あたりをスッキリさせたことで、女性も食べやすくなっています。麺のかたさはバリカタ・カタ・普通・やわめから選択可能。スープは背脂の量を多め・普通・少なめから選び、コクを調整できる無料サービスも。今回は「豚骨ラーメン」を紹介しましたが、「中華そば」(600円)や「チャンポン」(700円)もおすすめです。

 

 

 

 


卓上にはゴマ、辛子高菜、紅ショウガ、ニンニク、ラーメンのダシ、コショウが置かれています。辛子高菜はさらに辛く改良して、インパクトがより強くなりました。

 

 

 

 


平日の14時までという限られた時間ではありますが、ラーメン+ミニチャーハンのセットが680円。ランチタイムならではのバリュープライスに感動です。がっつり食べたい空腹時、しかもリーズナブルなランチを求めるならここで決まり!

★★“いつか”行きたかったランチ★★
 PC版スマートフォン版

 

 

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

らーめん おいげん

住所 福岡市中央区警固1丁目13−1
TEL 092-714-1433
営業時間 11:30〜16:00/18:00〜翌2:00(金・土曜、祝前日〜翌3:00、日曜11:30〜15:00)
定休日 なし
PAGE TOP