グルメ

高砂の古民家に足繁く通うほどスープカレーに心奪われたい!

2015年01月23日 12:00

「スープカレーに“ドハマり”するお客さんがいるんです」と店主の加代さん。ランチに来て、その夜にもまた来てと、突然スコーンとハマってしまうそう。

夕方になると、カレーのメイン具材を何にしようか考えはじめる。薬院駅から小走りして、古民家の戸をガラガラと引く。トッピングの野菜が素揚げされるのを、ソワソワして待つ。スプーンにライスをのせ、サラサラのカレーにくぐらせて、口元へ持って行くときの恍惚感…。なんだか“ドハマり”してみたくなりませんか?

そんな魔性ともいえるカレーには、じっくり炒めたアメ色玉ねぎと、丸のままの玉ねぎ、白菜、魚醤、フルーツなどとにかくいろいろ入っています。しかし、それらの姿は一切見当たらない。すべてを濾して、サラサラに仕立てられています。しっかりと効いているスパイスにかき消されないほど、コクや旨味に存在感が。
自ら進んでハマりたいスープカレー。その時がくるのは1回目か、2回目か。

●カヨカリ
“カヨ”カリの加代さんは、ホルン奏者として自衛隊に入隊。「流れのままに、呼ばれたところに」と、声がかかった北海道へ赴任し、スープカレーと出会う。福岡に戻り、移動販売などを経て、高砂の店舗を2006年に開業。「ひらめいたらやる」という、ライブなどのイベントもあり。お祭りなどに出向く出張販売もお手のもの。

※今回の情報が掲載されている天神マガジン「ep.」はこちらでゲットして ≫
http://tenjinsite.jp/ep/




 

【カヨカリ】
●住所:福岡市中央区高砂1-18-6(西鉄天神大牟田線薬院駅より徒歩7分)
●電話:非公開
●営業時間: 12:00〜15:00、18:00ぐらい〜24:00
●定休日:日曜

 



【1】札幌スープカリー850円(ランチは800円)。写真はメイン具材にチキンを選んだ上で、きのこ(+100円)・チーズ(+50円)のトッピング。ツウは豆腐と納豆をオン!
【2】左/「廃屋同然だった」という築90年近くにもなる古民家。味わいを活かした店舗に再生させた。右/どこか懐かしい気分でくつろげる、居心地のいい店内。

 

PAGE TOP