日々是食欲

お酒を飲めない人へ、モクテルのススメ

2018年12月13日 18:00 by 弓削聞平

最近はお酒を飲めない人、あるいは飲まない人が多いと聞きます。そういう人と食事に行ったとき、そこがレストランだったらミネラルウォーターや炭酸水を頼みますし、和食系だったらウーロン茶などなにかしらソフトドリンクを注文します。ただ、食事を終え2軒目の選択をするときににちょっと悩んでしまうことが多々あるんです。カフェ? でもこちらはもう少し飲みたいから、ワインバーやオーセンティックバーに行ってジュースなどを飲んでもらう? なにかしっくりきません。そんなときにおすすめなのが、モクテルという選択です。「モクテル」というのは似せた、真似たという意味の「mock(モック)」と「cocktail(カクテル)」を組み合わせた造語で、ノンアルコールカクテルのことです。普通にジンジャエールとかオレンジジュースじゃちょっとつまらない。大人の下戸はオーセンティックなバーにいって、モクテルを楽しむというのはなかなか素敵です。もちろんカジュアルな店にもモクテルがある店はありますが、しっかりしたバーだとメニューになくても「柑橘系のさっぱりしたもの」とか「甘みが少ないもの」などと相談すれば、その場で工夫して作ってくださいます。昨日大名の「バー・パルムドール」でモクテルを注文したのですが、1つはラフランスのスムージーで、フレッシュのラフランス、ラフランスシロップ、グレープフルーツ、レモンジュース、サトウキビシロップを使ったカクテルでした。

そしてもう1つは金柑のカクテルで、自家製の金柑のシロップ漬けをつぶし、オレンジジュース、レモンジュースなどとともにシェイクしたものです。どちらも見た目はもちろん飲んだ感じもカクテルそのもの。いや、これもカクテルなんですよね。先日もバーにいって、事情により断酒中の女性がモクテルを飲みました。その人が飲んだときの第一声は「酔っぱらいそう」でした。今はシロップもものすごく種類があるそうで、腕のあるバーテンーにかかれば、既製品では味わえないオリジナルのモクテルを味わえます。お酒が飲めないからという理由で2軒目にカフェでコーヒーという選択だけではなく、たまにはモクテルで大人の時間を過ごしてみませんか。

 

 

取材・文:弓削聞平
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP