イベント

ドームシアターの大人気企画「星降る南阿蘇」を2023年も開催★

2023年01月05日 11:00 by 深江久美子

福岡市科学館ドームシアター プラネタリウムでは、熊本にある南阿蘇ルナ天文台との共同企画「星降る南阿蘇2023~天文台 LIVE中継~」を2023年2月5日(日)に開催します。


本イベントは2019年以来これまでに過去3回開催し、定員に対しすべて満席となった大人気イベント。熊本にある南阿蘇ルナ天文台と福岡市科学館ドームシアターとを中継でつなぎ、南阿蘇の星空や天文台で見ることができる望遠鏡映像を生中継します 。


撮影:南阿蘇ルナ天文台

熊本にある南阿蘇ルナ天文台と福岡市科学館ドームシアターとを中継でつなぎ、南阿蘇の星空や、天文台で見ることができる望遠鏡映像を生中継します。都会ではなかなか見ることができないホンモノの宇宙の姿を、南阿蘇ルナ天文台の星のコンシェルジュ(R)の生解説で楽しんでくださいね。


イベントのテーマは「星を通した出会い」、「火山とともに生きること」、「星空と向き合って暮らすこと」。阿蘇の星空体験を通して、多様な価値観と出会いにふれるバーチャル体験ツアーです。星を通した出会い福岡市科学館にいながら南阿蘇の美しい星空に引き込まれる映像表現・プログラムを楽しめます。また当日は参加者の意思に従って進行を決める、参加型のプログラムも企画しています 。

 

撮影:南阿蘇ルナ天文台

◆ルナ天文台の略歴
阿蘇くまもと空港より40分程度にある阿蘇カルデラの大自然の中に宿泊施設「森のアトリエ」として1986年に創業。1996年には直径82cmの主鏡を持つ九州最大当時の反射望遠鏡を備えた「南阿蘇ルナ天文台」を併設開業した。以来、日本を代表する宿泊型公開天文台の一つとして知られるようになり毎年7000名以上のお客さんを受け入れ、美しい阿蘇の星空の観察会を提供してきた。
現在は個性あふれる星の解説の専門家「星のコンシェルジュ(R)」たちが大型望遠鏡を使った観察会、4K高精細プラネタリウムを使った宇宙についての解説、そして阿蘇の草原 「星見ヶ原」に横たわって肉眼で満天の星空を眺める体験と癒やしのひとときを提供している。また、天文台のコンテンツのデジタル化、いわゆる「バーチャル天文台」の開発を進めており、日本の公開天文台を牽引する施設の一つである。こういった活動の結果、2017年には「日経何でもランキング・星降る宿」において全国1位を獲得するなど、全国に魅力が知られることとなっている。

撮影:南阿蘇ルナ天文台

取材・文:深江久美子
このライターの他の記事を読む

星降る南阿蘇2023EVENT

星降る南阿蘇2023~天文台 LIVE中継~

日程 2023年2月5日(日)
時間 18:30~19:40
料金 中学生以上1,000円(税込)、小学生500円(税込)
イベント公式URL https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/dome_theater/2022/12/luna202302.html
先行販売2023年1月7日(土)10:00~2月4日(土)18:00までWEB限定販売
※販売枚数に達し次第終了です 。
当日販売2023年2月5日(日)9:30~

プレイス情報PLACE

福岡市科学館

住所 福岡市中央区六本松4丁目2-1
TEL 092-731-2525
定休日 火曜日
URL https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP