グルメ | PR

博多駅筑紫口エリアで“焼鳥といえば”の一軒

2022年12月07日 17:00

博多駅筑紫口から徒歩3分とアクセス至便。「あうんグループ」が展開する焼鳥居酒屋「焼鳥 ただし博多本店」です。宮崎県産豚「くりぷ豚」の豚バラ、生ショウガとニンニクを巻いた「ただしの豚巻」、肉厚の「ネギとりもも」はじめ、自慢の串物は約30種。グループを代表する職人が炭火で絶妙の火入れ、塩打ちをほどこし丁寧に焼き上げます。またコロナ禍に入り「新たな名物を」と始めた鰻も人気。同じく炭火で焼き上げる白焼串、蒲焼串のほか、うな重やうな丼もあり、ガッツリとした酒場メシでも重宝します。忘新年会にもおすすめのコースは3,000円から。


【感染対策のポイント!】

炭火の焼台前に設置されたカウンターは席間をアクリル板で仕切っています。また、奥まで続くテーブル席も間引いてゆったりとした間隔で配置。席に余裕があるときは最初の客は手前のテーブル席、次の客は奥のテーブルへと、グループ同士が近くならないように、案内する場所も考慮しています。もちろん厨房スタッフ、ホールスタッフともにマスク着用。


入店前の非接触体温計での検温も1人1人丁寧に。アルコールでの消毒もしっかりと行うよう客にアナウンスしています。また、スタッフ自身も検温を徹底。毎出勤時に測定し記録、体温が高い、少しでも体調に異変があるスタッフは店に立ちません。入口の扉は頻繁に解放し、換気も十分に行うように努めています。


各席にもアルコール消毒液を複数設置。開業前にテーブルを丁寧に拭き消毒するのはもちろんのこと、客が入れ替わる都度、テーブル、メニュー表、薬味の器などしっかりと消毒して客を迎えます。焼鳥は1本ずつ串打ちされているのでコロナ禍でも人気のメニュー。取り分ける料理にはトングを用意します。トイレの洗面台にも十分な数の消毒液を設置。
 

    ◆    ◆    ◆


【必食メニューはコレ!】

焼鳥各種。左から、生ショウガとニンニクを巻いたオリジナルメニュー「ただしの豚巻」(319円)、宮崎県都城市産のブランド豚「くりぷ豚の豚バラ」(198円)、分厚い鶏モモ肉でネギを巻く「ネギとりもも」(319円)、「皮」(143円)、「とり肝」(198円)。そのほか、白焼串、蒲焼串、肝焼きなど鰻の串も楽しめます。


スピードメニューでは「とりのたたき」(写真は小638円。大は1,078 円)がオススメ。レアで柔らかい鶏を特製のさっぱりダレと絡め、柚子胡椒、おろし生姜と共に。絹豆腐を和牛で包んだすき焼き風仕立て「和牛肉豆腐」も人気です。そのほか「ごまさば」など博多名物もしっかりと押さえたメニュー構成。九州各地の焼酎、日本酒も幅広くそろい、キープもできます。

プレイス情報PLACE

焼鳥 ただし博多本店

住所 福岡市博多区博多駅東2丁目3-1
TEL 092-418-1688
営業時間 17:00〜翌2:00(OS1:45)、月曜・祝日〜24:00(OS23:00)
定休日 日曜、12/31(土)〜2023年1/2(金)
URL http://www.aungroup.com/shop/shop04/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP