イベント | アート

愛らしい日本の美術をみてみよう!「国宝 鳥獣戯画と愛らしき日本の美術」

2022年09月17日 11:00 by 深江久美子

福岡市美術館では、9月3日(土)より 「国宝 鳥獣戯画と愛らしき日本の美術」を開催。京都市の北西部にある栂尾の高山寺に所蔵される国宝《鳥獣戯画》(鳥獣人物戯画)は、日本美術の中でも最も有名であり、人々から愛される作品です。本展では、《鳥獣戯画》の魅力を支える、「動物モチーフ」と「表現の簡潔さとユーモア」というテーマに沿って、日本美術を紹介します。

 

会期中は前期・後期に分かれ作品の入れ替えも。思わず頬が緩む愛らしい日本美術を発見してくださいね。
●各巻場面替え
・「甲・丁巻」は9月3日(土)~9月11日(日)、9月13日(火)~9月25日(日)
・「乙・丙巻」は9月27日(火)~10月2日(日)、10月4日(火)~10月16日(日)


国宝 鳥獣人物戯画 甲巻 (部分) 京都・高山寺蔵
画像提供:東京国立博物館 Image: TNM Image Archives 【展示期間】9月3日(土)~9月25日(日)


国宝 鳥獣人物戯画 丁巻 (部分) 京都・高山寺蔵
画像提供:東京国立博物館 Image: TNM Image Archives 【展示期間】9月3日(土)~9月25日(日)


国宝 鳥獣人物戯画 乙巻 (部分) 京都・高山寺蔵 【展示期間】9月27日(火)~10月16日(日)


国宝 鳥獣人物戯画 丙巻 (部分) 京都・高山寺蔵 【展示期間】9月27日(火)~10月16日(日)


また、関連企画として「明恵礼讃“日本最古之茶園”高山寺と近代数寄者たち」も開催。1931年に京都・高山寺で営まれた明恵上人七百年遠忌法要に際して時の数寄者たちが寄進した茶道具の数々を公開します。

鳥獣略画式 鍬形蕙斎 福岡市博物館蔵


異代同戯図巻(部分) 狩野昌運 福岡市美術館蔵
 

取材・文:深江久美子
このライターの他の記事を読む

国宝 鳥獣戯画と愛らしき日本の美術EVENT

会場 福岡市美術館
期間 2022年9月3日(土)~2022年10月16日(日)
料金 一般1,800円、高大生1,200円、小中生800円
※大学生以下は入場の際、学生証や生徒手帳等を提示してください
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名、および特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者、および未就学児は観覧無料
イベント公式URL https://artne.jp/chojugigafukuoka/

プレイス情報PLACE

福岡市美術館

住所 福岡市中央区大濠公園1-6
TEL 092-714-6051
営業時間 9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)※7月〜10月の金・土曜は〜20:00
定休日 月曜、年末年始(12月28日~1月4日)、※月曜が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日
URL https://www.fukuoka-art-museum.jp/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP