グルメ

博多マイスター・塩塚哲夫氏が監修したレトルトカレーが発売!!

2021年12月09日 11:00

西鉄グランドホテル等の総料理長を務めた、博多マイスターである塩塚哲夫シェフ監修の美味しいレトルトカレーが12月6日(月)発売されました。その名も、「黒毛和牛“牛すじ”たっぷり本格シェフカレー」。

 

「福岡県産の完熟トマトを使用し、地産地消を推進したいという想いをこのカレーに詰め込みました。化学調味料不使用で製造し、自然なトマトの風味を大切にしながら、スパイスにこだわった本格スパイスカレーに仕上がりました。是非ご賞味ください。」と塩塚哲夫シェフ。

 

博多和牛の牛すじがゴロゴロと入っていて、トマトの爽やかな酸味がとても口当たり良く、食べ進めるにつれスパイスが程よく効いてきます。牛すじは、色々な部位を一様に煮込むことにこだわったとのことで、ほろほろとしてとても美味しい。まさにホテルのカレーを食べているようで、レトルトカレーの域を完全に超えていました。調理の際はレンチンより「湯煎で温めるのがおすすめ」だそうです。


●黒毛和牛“牛すじ”たっぷり本格シェフカレー(745円・税込)
西鉄ストア、レガネット、スピナ、あんくる夢市場各店にて、12月6日(月) より販売開始。
※一部取り扱いの無い店舗があります。
 

◆博多マイスター・塩塚哲夫氏プロフィール
永年にわたり調理師の業務に従事され、平成25年度に博多マイスターに認定された。西鉄グランドホテル、ソラリア西鉄ホテル福岡の総料理長を務め、現在は西鉄ストアにおいて、シニアアドバイザーとして活躍中。

◆博多マイスターについて
ものづくりに熟練した技能職者に対し福岡市より認定される。平成15年度に制度が開始。現在、塩塚哲夫氏を含め、17職種29名の博多マイスターが活躍している。また、博多マイスターは小・中・高等学校や職業訓練学校、施設等において、技能の伝承活動を行っている。
https://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/c-syogyo/business/Index.html
 

 

PAGE TOP