新店舗オープン

高度な学びを体験!「ガクイワ」と「文喫 福岡天神」が岩田屋に3月31日誕生!

2021年03月03日 11:00 by 深江久美子

ステイホームで自分磨きへの関心が高まっているいま、岩田屋本店に面白そうな施設が3月31日(水)に2つ誕生します。1つ目は高感度の学びを提供するカルチャースクール「学 IWATAYA(まなび いわたや)」。2つ目は学べる本屋である「文喫 福岡天神」。

“知って、深めて、体験する”という学びの経験から、本との出会いによってまた新たな興味・関心を拓くという「学びのサイクル」。自分の好奇心に向かい合うことで、自分を高めワンランクアップできる新しい取り組みとなっています。


●知って、深めて、体験しよう!【学 IWATAYA(まなび いわたや)】
新たな学びのサイクルを提供する「学 IWATAYA(通称、ガクイワ)」。女性の美しい生き方をテーマにしたヴィーガンクッキングや、医師夫婦が実施する免疫力アップ生活術、4人の子どもを東大に導いた佐藤ママの講座など、自分を育むをテーマにした約300講座が勢揃い。会員のみが受講できる定例講座に加え、非会員でも受講できる公開講座も用意されています。

学 IWATAYA

オープン日2021 年3 月31 日(水)
場所岩田屋本店 本館7F
教室数7教室
入会金4,400円(エムアイカード会員は2,200円)
HPhttps://www.iwataya-mitsukoshi.mistore.jp/iwataya/shops/experience/manabi/introduction.html
※2月26日(金)10:00~3月21日(日)の期間に申込みをしたエムアイカード会員は入会金無料
※春夏秋冬の四半期に分かれており、今回は春(4~6月)の申し込みを受け付けます

 

●入場料のある本屋【文喫 福岡天神】
恐らく、福岡初となるであろう入場料がいる本屋「文喫 福岡天神」。食や日本文化、ファッション、アート、デザインといったジャンルから、人文科学や自然科学、文学といったジャンルまで、知的好奇心を掻き立てるようラインナップを約3万冊を展開。入場料を支払うと閲覧室や児童書室、喫茶室を利用することができます。

文喫 福岡天神

オープン日2021 年3 月31 日(水)
住所〒810-8680 福岡県福岡市中央区天神2-5-35 岩田屋本店 本館7F
営業時間10:00~20:00(L.O. 19:30)
席数150 席
入場料平日1,650 円(税込)、土日祝1,980 円(税込)、小・中学生 全日550 円(税込)
HPhttps://bunkitsu-tenjin.jp/
※諸般の事情により、営業時間が変更になる場合があります
※未就学児無料


↑レセプション
「文喫 福岡天神」と「学 IWATAYA」の入口は共通。2つの業態が混ざり合い、一つの場を作りあげていることを象徴する場です。入りやすさを意識した親しみやすい空間は、入場料なしで利用できます。スタッフが選書した書籍や雑誌を手に取り、購入することができますよ。


↑閲覧室
じっくり吟味して特別な一冊と出会いたい人のための空間を用意。西洋の図書館を感じさせる空気を纏い、時間を忘れて過ごしてしまうような空間です。一方で、本棚を隔てて配置された大きな窓からは、「学 IWATAYA」の一部である料理教室が見え、2つの業態が混じり合っていることを表しています。


↑児童書室
子どもたちが、その豊かな発想と世界をどこまでも広げながら、思わず籠って読書したくなるような空間です。枠組みをあえてつくらず、自然と興味関心がうつろいゆく、子どものための本と出会う場所です。


↑喫茶室
食事と会話を愉しめる喫茶室を配置。昔ながらの百貨店の喫茶を想起させる空間で、本を傍らに語らったり、ときには打ち合わせをしたり。小腹を満たしながら、誰かと会話するもよし。気軽に利用してみて。


※入場料の詳細は「施設概要」をご覧ください。
※「レセプション」は無料でご利用いただけます。
※カルチャースクール「学 IWATAYA」のご利用は、別途お申し込みが必要になります。


 

取材・文:深江久美子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP