グルメ

食の宝庫「北野エース 福岡パルコ店」で2020年の人気商品を聞いてみた!

2020年12月19日 12:00 by 深江久美子

常にお客のアンテナに引っかかる商品を提案している「北野エース」。店舗によってランナップが変わるなど、スーパーやデパートにはないオンリーワンな品揃えが魅力なお店です。

今回、取材をさせていただいたのは「北野エース 福岡パルコ店」。“定番の中でも興味がわくモノ”や“美味しいけどクスッと笑えるパッケージ”など、バラエティに富んだ商品を取り揃えているのが特徴。店内には約6,000点もの商品がひしめき合っています。

そんな食のセレクトショップで、紆余曲折だった2020年に人気だった商品を伺ったところ、聞いて納得な商品がランクイン!今回は5つの部門よりアイテムをご紹介いたします。


【冷凍部門】一家に一袋、ストックしたくなる「鳴門金時 芋棒」
1ヵ月に400個を販売したという人気商品は、懐かしくも飽きのこない定番おやつ。海の砂が混じった砂地で栽培された徳島産のなると金時を使用しています。電子レンジで半解凍したり、常温で20~30分待つと食べごろです。食べたい分だけを食べられたり、スティック状でつまみやすいのも人気のポイント。冷凍食品なので、常備ストックしておきたいそんな一品です。
●鳴門のいも屋「鳴門金時 芋棒」(400g/617円・税抜)


【ドレッシング部門】仏と和のおいしい融合「醤油と鰹だしのジャポネシーザードレッシング」
北野エースで2020年に登場したのはカレー大賞ならぬ、ドレッシング大賞。あらゆる商品を試し、知り尽くしているスタッフによる投票で、見事クリーミー部門1位を獲得したドレッシングです。日本のフレンチ界を牽引する黒岩シェフ監修のもと、開発されました。見た目は洋風ですが、サラダや和風のタレなど万能ソースとして利用できるのもポイントです。
●醤油と鰹だしのジャポネシーザードレッシング(300ml/554円・税抜)


【めし友部門】味も食感もクセになって止まらない!「粒柚子胡椒仕立てなめ茸」
柚子胡椒の生みの親といわれる川津屋の柚子胡椒を使った爽やかな一品です。長野県産のえのきはシャキシャキ食感で、ご飯が何杯でも進みそうなめし友。アクセント程度に入った粒柚子胡椒がツンとした辛みを演出しています。パスタや冷奴の上に乗せるのも◎。素材そのものに加えるだけでアイデア料理になりそう!
●粒柚子胡椒仕立てなめ茸(369円・税抜)


【紅茶部門】甘さ、香りに申し分なし!即買いの「極上はちみつ紅茶」
同僚や友人にいただき、虜になっていたこの紅茶。ネットなどでは売り切れ続出……というわけで探していたんです。なんと、北野エースにありました!茶葉と一緒にはちみつパウダーが入ってるんですが、はちみつの塩梅が絶妙。少し贅沢なおうち時間を過ごせます。新型コロナウイルスの影響で輸入が安定せず、欠品になりやすいとか。見つけた人は即ゲットするべし。
●ラクシュミー 極上はちみつ紅茶(2g×25袋/1,400円・税抜)


人気のはちみつ紅茶にはこんな商品も!ぜひ、お試しあれ。
●テコンミエル はちみつ紅茶(20P/800円・税抜)

 

【おつまみ部門】美味しくないはずがない!魚屋が作った「マグロチーズ」と「チーズかつお」
最後に人気商品として選んでもらったのが、石原水産という魚を知り尽くした魚屋が造ったおつまみ2品。これぞ、大人のためのおつまみ!甘口のマグロ煮とチーズのハーモニーはお酒にピッタリなんだそう。ひと口サイズで市松模様のビジュアルも可愛い「マグロチーズ」は、オンライン飲み会にもおすすめです。

こちらは燻したかつおを醤油たれで煮込みチーズをのせた「かつおチーズ」。かつおの大きさがランダムなのもご愛敬。手作り感がありますよね?おつまみとしては高価ですが、余計な添加物も入っておらず、安心して味わえます。美味しすぎてお酒が進むとは思いますが、食べすぎ飲みすぎにご注意を!
●マグロチーズ(220g/1,000円・税抜)、チーズかつお(245g/1,000円・税抜)

 

取材・文:深江久美子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

北野エース

住所 福岡市中央区天神2丁目11-1 福岡パルコB1F
TEL 092-235-7134
URL https://www.kitano-ace.jp/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP