グルメ

時短料理万歳!福岡県食材を使ったミールキットで夕飯作ってみた!vol.1

2020年11月20日 12:00

皆さんは、11月が福岡県の「食育・地産地消月間」ってこと、ご存知ですか?特に福岡県はバラエティに富む農林水産物が各地で生産されていることもあり、実りの秋である11月にその魅力を知ってもらうための様々な取組をしています。そんな「食育・地産地消月間」に福岡県とヨシケイ福岡がコラボして、【福岡県「食育・地産地消月間」応援キャンペーン】を展開してるって聞いて、ヨシケイ福岡のメニューを実際に調理してみました! その様子を4回にわたって報告しま~す!


ヨシケイ福岡は普段より福岡県内のお客様向けに、多くの県産農林水産物を活用した、安全・安心な魅力あるメニューを宅配しているそう。使い切りの食材を毎日届けてもらえる夕食宅配のヨシケイ。頼みたいときだけ利用することもできて、入会金や食材の配達料は一切不要。注文した食材はヨシケイの笑顔が素敵なスマイルスタッフが毎日食材を届けてくれるんですよ。

※コロナ前のイメージです。現在スタッフは必ずマスク着用しています。


注文したら早速我が家にも食材到着!ヨシケイの宅配は平日毎日決まった時間帯(時間はお住まいの場所により決まっています)に、この箱に入って届きます↓

留守にしていても玄関前まで配達してくれるので安心です。


箱を空けたらこんな感じで食材が入ってます。

ヨシケイは毎日その日の夕食の食材を届けてくれるので、新鮮な食材を無駄なく簡単に調理する事ができるのが特徴!栄養士さんが考案した栄養バランスのよいメニューで、レシピもついているので献立を考える必要もなく、毎日違うメニューを楽しめるってのが、毎日献立に頭を悩ませている世の中の主婦のつよ~い味方ですね!


1回目のメニューは 「糸島華豚 いとしまはなぶた」を使った【豚肉とかぶの味噌バター炒め】。この2 品で作るってことですね!




ヨシケイ福岡のいいところは、全てレシピがついているので、それを見ながら作れば簡単にお手本に近づけるってところ!

基本の調味料やだし汁などは自分で用意するので、あらかじめレシピに目を通し、必要な調味料がそろっているか確認しておくといいですね。


では早速、調理スタート!まずはカブを切ります。カブなんて普段は滅多に使わないお野菜の一つ。

自分では選ばないお野菜を、こうして使ってみることが出来るのもミールキットの良さですね。


次に豚肉を食べやすい大きさに切ります。

今回は、この豚肉が福岡県産の豚肉「糸島華豚」です。「糸島華豚」は、自然が多く残っている糸島市にある井上ピッグファームで育てられた豚。非遺伝子組み換えのトウモロコシなど、植物性の飼料で育てられるとか。豚にストレスを与えないように適度な運動が出来るスペースも設けられているため、健康的な豚なんです!ピンク色でつやもありますね!


豚肉にかる~く下味をつけて…

下味をつける、なんてことも普段の家庭の料理では省いちゃいますが、このひと手間が大事なんですよね!


熱したフライパンで炒めます。

炒まったら一度フライパンから取り出して…


次にカブを炒めます。

余すところなく茎までちゃんと使い切ります。


取り出しておいた豚肉をフライパンに戻して・・・




合わせ調味料をかけます。




最後にバターも加えて混ぜ合わせ仕上げます。




お皿によそって…




【豚肉とかぶの味噌バター炒め】完成で~す!!

調理時間は野菜を切り始めて約10分!簡単!しかもカブと豚肉だけでこんなにボリューミーな一品が出来上がるなんて!味噌とバターでコクが出てクセがない糸島華豚と、あっさりしたカブに良く味がなじんで美味しい~♪これはリピしたいメニューでした!


福岡県では中村学園大学・短期大学部と連携し、旬の福岡県産食材をたっぷり使った、食べておいしい健康メニューを作成し、紹介しています。ココから→ https://f-ouen.com/menu/
毎日のレシピに悩んだ方は是非アクセスしてみてください!

またヨシケイ福岡が気になった方はココから↓↓
https://www.yoshikeifukuoka.com/

PAGE TOP