イベント | 舞台

「あんみつ姫」再開!新しい演出「あんみつVSさんみつ」をスローガンに

2020年11月07日 08:00 by はたゆう

県外から来た人に福岡を楽しんでもらいたい、そんな時にオススメするスポットって、みなさん決まっていますか?ラーメンに、もつ鍋、水炊き…紹介したいものはグルメだけ?それはナンセンス!福岡県民に愛されてやまない劇場「あんみつ姫」を忘れてはいけません。ここ福岡で36年間ステージパフォーマンスを通して、お客さんを楽しませてきたエンターテイメント集団です!

そんな「あんみつ姫」は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の為、4月から7ヶ月間の自主休演を続けてきましたが、11月より講演を再開。コロナ禍に対応した運営を検討し、11月の第4週までは週末のみの講演で、12月からは座長とまとママが出演するグランドオープンを迎える予定です。そして、コロナ禍で閉塞する社会状況を打破するべく、新しい時代に対応した新しい演出方法を目標とするスローガン「あんみつVSさんみつ」を発表。天神サイト編集部では、そんな「あんみつ姫」に潜入取材してきました!

「あんみつVSさんみつ」の3密対策では、予約システムを構築し予約順で座席を決定。観客席は、120席から46席(当面の間)と半分以下に減らされています。

お客さんへのマスクの着用や手指消毒はもちろん、体温チェックも徹底。また、以前は劇場内での飲食が可能でしたが、フードサービスの中止や蓋付き又は封缶された飲料のみの提供になっています。

ステージと観客席との間隔の推奨は2メートルですが、今回は4メートルと大きく空けての再開。距離が遠くなり、寂しく感じる人もいるかもしれませんが、ステージ全体が見え、ダンスパフォーマンスをより楽しめるとの声も。また、座長のとまとママは、今後は間隔を空けたことで、お客さんに楽しんでもらう仕掛けを色々とトライしていきたいと話していました。

↑これもその一つ。珍しい縦のフィジカルディスタンス!お客さんとの繋がりを「指の衣裳」と「赤い糸」で体現しています!赤い糸の先はもちろんお客さんで、想像もしていなかった演出に劇場内は笑いに包まれていました。

今年楽しめなかった季節のイベント事を寸劇で楽しめる演目。個人的にツボだったのが、博多弁のセミと、セミ取りをしに来た小学生の掛け合い。「セミが土の中に何年おるか知っとうとや~」と、バリバリの博多弁が近所のおじちゃんみたいで、たまりませんでした!笑

何度も足を運んだことがある人も、初めての人も、新しい演出「あんみつVSさんみつ」で、安心して楽しむことができると実感しました!また、これまでは夜の公演のみでしたが、カフェ感覚で来てほしいと日祝には15:00の部も追加されましたよ。

日常を忘れて、とにかく笑いたい!ダンスショーを見たい!仕事で疲れていても、ここに来たら一気に吹っ飛んでしまいますよ。是非「あんみつ姫」で楽しいひと時を過ごしてください!

2020年11月公演名【フィジカルD~お・ま・た・せ~】

日程11月6日(金)17:00公演 19:00公演 21:00公演/11月7日(土)17:00公演 19:00公演 21:00公演/11月8日(日)15:00公演 17:00公演 19:00公演/11月10日(火)19:00公演 21:00公演
詳しい公演日程http://okama.com/schedule/
予約方法https://yoyaku.toreta.in/anmix-anmitsuhime
感染予防対策についてhttp://okama.com/news/detail/masterid/144

取材・文:はたゆう
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

あんみつ姫

住所 福岡市中央区天神3丁目7−13 −2F
TEL 092-725-2550
URL http://okama.com/
PAGE TOP