天神サイト・ヨーロッパ企画presents

ひと

【深夜の恋愛小説】サマータイムマシン・ブルース/ワンスモアの公演中に石田剛太が執筆したタイムマシン恋物語~「老紳士とタイムマシン」~

2020年09月30日 23:00

天神サイトでは、秋の夜長を気楽に楽しく過ごせるように、ヨーロッパ企画のラジオ番組「こちらヨーロッパ企画福岡支部(LOVE FM)」とコラボレーションして、9月限定で毎晩23時に【深夜の恋愛小説】と題して恋愛ミニ小説を連載。読んでいるほうがちょっと恥ずかしくなるような恋愛ラジオドラマ小説の世界をご堪能ください。



タイトル:「老紳士とタイムマシン」

 

古いホテルのバーで僕はウイスキーを飲んでいた。

壁には古い写真がたくさん飾ってあった。

その老紳士は僕の隣に座ってウイスキーを飲んでいた。

 

そして静かに話しかけてきた。

「君はもうすぐ結婚するのかい?」
「え?」

 

「結婚式はこのホテルであげる予定かい?」
「どうして、分かったんですか?」

 

「なんとなくね。実は私もこのホテルで結婚式を挙げたんだ。ふふ、もう何年も前のことだけどね」
「そうでしたか」

 

「君を見ていたら、若い頃の私を見ているような気持ちになってしまってね。思わず話しかけてしまったよ。すまないね」
「とんでもないです。幸せな結婚式でしたか」

「ああ、たくさん友人が集まって、私たちを祝ってくれたよ」
「それはすばらしい」

 

「だから君も大丈夫。きっと彼女を幸せにするさ。そして幸せな結婚生活を送るはずだよ」
「…はい、ありがとうございます」

 

 

「ふふ、老人の戯言と思って聞き流してくれればいいさ」

 

そういってウィスキーをひと口飲んだ。

 

 

僕にはその老紳士が何故だか他人には思えなかった。

 

 

ひょっとしたら、タイムマシンに乗ってきた未来の自分なのではないだろうか。

 

そう思わせるほど、彼の話ぶりは穏やかで少しも嫌な気がしなかった。

 

 

「とても幸せな結婚生活を送られたのですね?」
「彼女もそう思ってくれてれば、だけどね」

 

「あの、もしタイムマシンがあったら、いつに行きますか?」
「タイムマシン?」

 

「酔った男の戯言と思って付き合ってください(笑)」
「タイムマシンねえ」

 

 

老紳士はウイスキーをひと口なめて壁の写真を見つめながら考えていた。

 

 

「そうだなあ、自分の結婚式の日に行って、こっそり友人席にでも座ってる、なんてのはおもしろいかもしれないねえ」

 

「なるほど。それはとてもいい使い方ですねえ」

 

「まあ、恥ずかしくなって案外見てられないのかもしれないけどね」

 

「どうです?こんどの僕の結婚式に招待するので、ぜひ来られませんか?」

 

「アカの他人の私が?」

 

「ここでこんな話になったのも何かの縁だと思うんです。それに、不思議なことになぜだか僕にはあなたが他人とは思えないんです」

 

「ふふふ…ありがとう。気持ちだけいただいておくよ」

 

 

そういうと老紳士はウィスキーの入ったグラスを持って立ち去ってしまった。

 

 

しばらくして、僕の彼女がやってきた。

 

 

「ごめんなさい。おそくなっちゃった」

「問題ないさ。素敵な老紳士と出会ってね。彼もここで結婚式を挙げたそうだ」

「へー」

「ウィスキーを飲みながらじっと壁の写真を眺めててね」

 

 

と、そのときあの老紳士が眺めていた写真を見て僕は驚いた。

 

そこには若い男女が笑顔で写っていて、男性はまさしくあの老紳士の若いころ、そして女性のほうは、彼女だった。

「この写真!?」

「ほんと!私のおじいちゃんとおばあちゃんの写真よ」

「君のお爺様とお婆様はここで結婚式を挙げたんだ」

「ええ」

「君はお婆様にそっくりだね。…え?でも君のお爺様はたしか何年か前に亡くなったはずじゃ?」

「ええ」

「じゃあ僕が話したいまの老紳士は?」

「ふふ、私のおじいちゃんの幽霊でも見たの?」

「いや、あれは幽霊じゃなかったよ。足もあったし、そんなふうには思えなかった」

「じゃあ、おじいちゃん、死ぬ前にタイムマシンに乗って、未来に私のお婿さんを見にきたのかもね」

 

彼女はそういってふざけた。

 

 

僕はウィスキーを飲みながら、本当にそうなのかもしれないなと思った。

 

 

おしまい
 



こちらヨーロッパ企画福岡支部(LOVE FM) 
京都を拠点に活動する劇団・ヨーロッパ企画による福岡発オリジナル番組。
【イシダカクテル】は、番組開始2013年の第1シーズンから続く大人の恋愛ラジオドラマ

他の「深夜の恋愛小説」も見る↓↓↓{##image_1##}

PAGE TOP