まち

福岡のメインストリート「渡辺通り」を歩いてみた!

2020年09月29日 18:00

【渡辺通り】
天神を南北に貫く、福岡市内のメイン通りの一つで通りの左右には商業施設やビジネスビルが立ち並び、終日、車と人の流れが絶えません。そんな福岡のメインストリート「渡辺通り」をご紹介します。

【ホテルニューオータニ博多】
渡辺通り1丁目にそびえる白い建物は、1978年の開業「ホテルニューオータニ博多」です。14階部分の円形建築が印象的な建物で、その14階にはレストランがありホール席は円形建築部分に位置しています。福岡の景色を一望しながら食事を楽しむ事ができますよ。

●天神派からも博多派からもラブコール。福岡らしさを堪能できる、リピーター多数のホテル。https://tenjinsite.jp/topics/topics/63865

【BiVi福岡】
家具とインテリアショップで構成されるBiVi福岡は、各フロアにショップやショールームが入っています。ドイツの家具ブランド「KARE」やデンマーク生まれのインテリアブランド「BoConcept」。ヨーロッパ直輸入家具専門店の「Art-house21」など、こだわりのショップばかり。インテリアに悩んだら、BiVi福岡に立ち寄ってみて!

●KARE
https://tenjinsite.jp/topics/topics/44003
●BoConcept
https://tenjinsite.jp/topics/topics/65833

【大丸 福岡天神店】
多くの商業施設が立ち並ぶ中で、1975年からこの地で営業を続ける百貨店「大丸福岡天神店」。
本館(地下2階~地上8階)と、東館エルガーラ(地下2階~地上6階)からなり、食料品を始め、婦人服店や紳士服店、高級ブランド店が入店し、各年代の買い物客で賑わっています。

【福岡三越】
「大丸福岡天神店」の通りを挟んだ向かい側には、西鉄福岡天神駅ビル(ソラリアターミナルビル)のテナントとして開業「福岡三越」があります。
ビルの2階は西鉄福岡(天神)駅ホーム、3階は西鉄高速バスのターミナル、4階~8階は天神地区最大の規模の駐車場と直結しています。交通アクセスが抜群の立地で、お買い物に便利です。
https://tenjinsite.jp/topics/topics/69609
 

【天神地下街】
渡辺通りの地下には、゛てんちか“の愛称で親しまれている「天神地下街」があります。その長さ長さ約600m!石畳が敷き詰められた通りは、19世紀のヨーロッパをイメージしています。地下鉄空港線、地下鉄七隈線と繋がっていて、毎日多くの人達が地下街を利用しています。地下街内には約150店舗があり、天候に関係なくショッピングを楽しむことができます♪

【西鉄天神高速バスターミナル】
九州各地や東京、四国などに向かう高速バスが発着するバスターミナルです。年間の利用人数は、なんと日本一なんだとか!リニューアル工事を経て、待合室には、コンビニエンスストアやカフェが併設され、快適に過ごすことが出来ます。近隣の福岡三越、ソラリアプラザ、ソラリアステージとも直結していて、お買い物にも便利です。

【福岡ビル跡地】
1961年に竣工し、福岡市民からは「福ビル」の呼び名で親しまれていたこちらの建物。現在は、「福ビル街区建替プロジェクト」が進行中で、将来は商業施設やホテル、オフィスが入る複合施設として生まれ変わる予定です!
https://tenjinsite.jp/topics/topics/69682


福岡のメインストリート「渡辺通り」。未来に向けてますます魅力的な通りになりそうです。これからも目が離せませんね!

 

※外出の際はマスクや手洗いを忘れずに。3密を避けながらお出かけしましょう。 
 

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP