天神サイト・ヨーロッパ企画presents

ひと

【深夜の恋愛小説】眠らないこの街のどこかで~「最後の夜、最後の乾杯」~

2020年09月20日 23:00

天神サイトでは、秋の夜長を気楽に楽しく過ごせるように、ヨーロッパ企画のラジオ番組「こちらヨーロッパ企画福岡支部(LOVE FM)」とコラボレーションして、9月限定で毎晩23時に【深夜の恋愛小説】と題して恋愛ミニ小説を連載。読んでいるほうがちょっと恥ずかしくなるような恋愛ラジオドラマ小説の世界をご堪能ください。



タイトル:「最後の夜、最後の乾杯」

家にいる時間が多くなった2020年。


持て余す時間の中で、スマホに入っていた写真データだけが、時の経過を教えてくれるような気がして、何気なく眺めていた。

そこには、ちょうど1年前に取った懐かしいメンバーとの写真も残っていた。
僕は、その当時のことを思い出した。

 

 

赴任を終え、同僚たちが送別会をひらいてくれた。

「初めての九州の地で、最初は不安ばかりの日々でしたが
ここまでやってこれたのも、皆さんのおかげです。
東京に戻っても、この経験をいかして頑張ります。
本当にお世話になりました、ありがとうございました。」

 

思い出話に花を咲かせ、いつもよりお酒が進んだ。

 

最後に挨拶をすることはわかっていたが、気の知れた仲間たちの前でも 人前で話すのが苦手な僕は、やはり緊張した。

何1つ、面白いことは言えなかった。

だけど、そんな挨拶とともに、ここで経験した仕事に達成感を感じた。

「東京に来たら声をかけてくれよ、絶対だからな」

 

店の前で集合写真を撮り、僕たちは解散した。

 

 

「もう、こんな時間かぁ」

 

すでに、終電は出ていた。

だけど、これは嘆きではない。

この街の好きなところだ。

終電を気にせず飲んで語り合える仲間がいること。

 

そして、夜が明けるまで、どこかで、それが続くこと。

 

 

「いらっしゃい」

マスターは、客が誰だか気づくと、席を誘導した。
「あ、今夜はこの席に」

 

そのBARに看板はない。知っているものだけが集う小さなBAR。

 

「あら、お久しぶりです」
「夏奈(なな)だったのか」
「最近会わなかったですね。元気でした?」
「ああ、少し忙しくてね」

 

僕よりも7つ年下の夏奈。7つ違いの夏奈。名前を覚えるのが苦手な僕が、
そうやって彼女の名前は覚えたこともあり、すぐに仲良くなった。

でも、このBARでしか会うことがない不思議な関係。

だからだろうか、
時間を忘れ、他愛もないことを話し、二人で朝を迎えたことが何度もあった。

その度にマスターは 「今日はどっちの家に帰るの? 早く付き合っちゃいなよ」
と、身勝手なツッコミを入れてきた。

 

だけど、結局、僕たちがそんな関係になることは1度もなかった。

 

 

今夜、僕がこの席に座るまでは。

 

「東京に戻るんでしょ?」

唐突に彼女が切り出したので、僕は動揺した。

動揺を隠すように僕は平静を装い答えた。

 

「そう、黙っているつもりはなかったけど、伝えるきっかけがなくてね」
「そっかぁ〜」

 

前々から赴任期間は決まっていた。
伝えるきっかけはあった。
いつでも言えた。

でも、なぜだか彼女には言えなかった。言おうとしなかった。

 

僕はいち早く話題を変えたかった。

「この夏は?どこかに行ったりしなかったの?」
「特に楽しいことはなかったな〜、今年はどこに行く気もなくて、誕生日も特に、な〜んにも」

 

モヤモヤした。

なんだか僕はモヤモヤした。

酔いがまわったのか?いや違う
活動的な彼女が、休みを使ってどこにも行かないこと。

 

何かを感じた。

 

僕は気づいた。

 

彼女の少しくもった表情に。

 

そして、次の言葉が、自分では理解できないまま出てしまった。

「じゃあ、祝おう!遅くなったけど、今夜、夏奈の誕生日を、祝おう」
「え、今から?」

 

彼女はキョトンとした顔で僕を見つめた。

その目線に、僕は緊張した。

 

面白いことを言わなければといけない! そんな思いで店内を見渡した。
「ケーキはないけど、ここにあるものを今夜飲み干しちゃおうよ。飲もう!いいだろ、マスター?」
「やれやれ」

 

マスターは、おもろくないよといった表情を浮かべながら、

カウンターにワイングラスを2つ

それと、僕が初めて彼女にあった年の赤ワインを差し出した。

 

 

「今夜は儲からないな〜」
タバコに火をつけ、マスターは店の奥へと引っ込んだ。

 

 

「それじゃ、誕生日に」
「新しい門出に」
「乾杯」

 

 

東京に戻る前の最後の夜

 

東京に戻る前の最後の乾杯

 

 

何もなかった二人の最後の乾杯

 

 

 

それは、これからの、最初の乾杯になった

 

 

おしまい
 



こちらヨーロッパ企画福岡支部(LOVE FM) 
京都を拠点に活動する劇団・ヨーロッパ企画による福岡発オリジナル番組。
【イシダカクテル】は、番組開始2013年の第1シーズンから続く大人の恋愛ラジオドラマ

他の「深夜の恋愛小説」も見る↓↓↓

PAGE TOP