ショッピング

【六本松 蔦屋書店のスタッフ厳選!】福岡で実際に起きた事件。私たちは何を見て何を信じるべきなのか?

2020年09月18日 21:00

ようやく朝夕が涼しくなり秋の気配を感じます。旧暦では9月は秋。天神サイトでは読書の秋を先取り!今回は福岡を舞台にした作品や福岡出身の作家など、福岡にちなんだ書籍を、「六本松 蔦屋書店」の山田麻奈未さんに推薦してもらいました。小説やコミックなど様々なジャンルで、私たちが生活する“福岡”にまつわる作品を4回にわたりご紹介しています。3回目となる今回は……

●作品名:でっちあげ-福岡「殺人教師」事件の真相-
●著者:福田ますみ
●価格:590円(税抜)
●出版:新潮社


★福岡で実際に起きた事件。私たちは何を見て何を信じるべきなのか?

「教師によるいじめ」とされ全国的に大きく取り上げられた事件は、結末まで知ってしまえば、タイトルの通り“でっちあげ”の冤罪事件でした。この1冊は、福岡で実際に起きたこの冤罪事件の発端となった出来後から、判決・その後までを追ったルポタージュです。

残酷な事件・悲しい事件・憤りを抑えられないような事件は実際に毎日毎日発生し、私たちはそういった情報をテレビやネットで容易に手に入れることができます。情報が溢れれば溢れるほど、そしてそれが容易に手に入れば手に入るほど、必要なのは“本当のこと”を知ろうとし、見極める目なのかもしれないと、この本は訴えているように思います。
ほんの些細な一方的な情報で全てを知った気になっていないか?メディアや大多数の意見に流されているだけではないのか?情報が溢れ、それを手にして個人の意見を容易に発信できるようになった今、私たちはいつも自分に問いかけ、本当のことを見極める目を持つ必要に迫られているのかもしれません。

福岡で実際に起きた事件。この本が、1人でも多くの福岡の人に、事件を知る全国の多くの人に読まれることを願わずにはいられません。


【スタッフ紹介】
●お名前:山田麻奈未
●プロフィール:書店員6年生。
本や音楽をこよなく愛し、おうち時間を存分に楽しんでいます。
小説・エッセイ・ノンフィクション・詩・短歌・絵本などのジャンルが特に好き。
夜な夜な好きな言葉や音を探しています(書店員らしからぬ夜型)。
感受性が強く、涙脆いのが難点ですが、それを生かして誰かの胸を打つ本の紹介ができるようになりたいなぁと日々奮闘しています。

 

当面の間、営業時間を変更しております。
六本松 蔦屋書店 営業時間 10:00~22:00

 

プレイス情報PLACE

六本松 蔦屋書店

住所 福岡市中央区六本松4丁目2‐1 六本松421 2F
TEL 092-731-7760
URL https://store.tsite.jp/ropponmatsu/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP