天神サイト・ヨーロッパ企画presents

ひと

【深夜の恋愛小説】愚者のサプライズの誕生日プレゼント~「愚者(グシャ)の贈り物」~

2020年09月10日 23:00

天神サイトでは、秋の夜長を気楽に楽しく過ごせるように、ヨーロッパ企画のラジオ番組「こちらヨーロッパ企画福岡支部(LOVE FM)」とコラボレーションして、9月限定で毎晩23時に【深夜の恋愛小説】と題して恋愛ミニ小説を連載。読んでいるほうがちょっと恥ずかしくなるような恋愛ラジオドラマ小説の世界をご堪能ください。



タイトル:「愚者(グシャ)の贈り物」

「プレゼントは一緒に買いに行くの。
だって、もし気に入らなかったら?もしそのとき必要でないものだったら?
もちろん"その気持ち"はとってもうれしいものだけど、
それはずいぶん昔に"O・ヘンリー"っていうどこかの国の賢い人が教えてくれたことだけど、
でもやっぱり、お互いが気に入るプレゼントだったほうが、それはより素敵でしょ。
だからプレゼントは、お互いのほしいものを"一緒に"買いに行きたいの」

 

「うん、分かるよ」

 

「"お互いお金を渡して自分の好きなものを買ってるだけじゃないの"
なんてイジワル言う人もいるけど、それは違うの。全然違うの。わかってない。
だって一緒に買いに行くんだもの。一緒にってのが大事なの。
それに一緒になら、過ちは起こらない」

 

「例えば、昔、父親からもらったダサい財布をしぶしぶ使わなきゃいけないというような過ちだね」

 

「そう、私の場合は馬鹿みたいにでっかくて重たい十字架のネックレス。
ていうか、そもそもその男と付き合ったことが過ちだったのかもね」

 

 

去年の12月、彼女と過ごした初めてのクリスマスに、
僕は彼女と一緒に、ピカソの娘がデザインしたとかいうハートのペンダントと、
見た目や形の気に入った新しい財布を買いに行った。

 

 

そして今日は彼女の誕生日。

 

もちろんプレゼントは、彼女のお気に入りのブランドショップへこれから"一緒に"買いに行く。

 

それが彼女の、プレゼントに対する哲学だから。

 

「このスカート、薄いピンクのと、こっちのベージュのと、どっちがいいかなあ?」
「うーん、どうだろう、ピンクのほうが春らしくていいんじゃないかな」

 

どちらでも、とは言えないが、正直なことを言えば僕には分からない。

 

天神にあるソラリアプラザ。

レディースフロアに連れて来られた僕は、
居心地の悪い思いをしながら、彼女の気に入るものが見つかるのを待っている。

 

「ちょっと試着してみるね。どっちがいいか見てほしいの」

 

ピンクがいいよとさっき言ったはずだけど、と思いながら試着室に入っていく彼女を見送った。

彼女のいなくなった途端、僕は急に、そこに居てはいけない存在になったように思えた。

女性店員が何か話しかけてきたが、僕は、ええ、とだけ答えて彼女が出てくるのを待った。

 

少しして、彼女は薄いピンクのスカートを穿いて出てきた。
彼女にはとても似合っていた。

「うん、ピンクがいいよ。とても似合ってる」

 

僕は正直にそう思った。まだベージュのスカートを試着していなかったが、
その必要はないように思えた。

 

しかし、彼女は浮かない顔をしていた。

「ピンクにしようとは思うんだけど…、これ…」

といって彼女は恥ずかしそうにお腹から腰の辺りを触った。
スカートのファスナーは少しだけ苦しそうだった。

 

日本人女性のウエストサイズの平均値は、お正月を過ぎた頃に少し上がるものだ。

「スカートがかわいそうだよ」
「意地悪ね。でも大丈夫。これくらいなら、ええ、大丈夫。…ピンクにする」

 

そう言うと彼女はカーテンの奥へと隠れてしまった。

 

問題は色よりもサイズのほうなんだが、
一回り大きいサイズにすることは、彼女には気に入らないんだろう。

 

僕が賢者であれば、
彼女と過ごす初めての彼女の誕生日は、
このあと二人でケーキでも買いに行って、それでめでたしめでたしだ。

 

 

でも僕は、愚者なのかもしれない。     
翌日、僕はサプライズの誕生日プレゼントを用意した。

 

「昨日一緒にスカートを買ったし、そのあと二人でケーキも食べたのよ。
それにサプライズはあまり好きじゃないの、だって私の気に。。。」


「大丈夫。これは絶対に"君の気に入らない"ものだから。開けてみて」

 

彼女はいぶかしげにプレゼントの箱を開けた。

 

 

「ピンクのジョギングシューズ」
「それを履けば、あのスカートがとても似合うようになる」
「気に入らないしちょっとムカつく。けど、(笑って)ありがとう」

 

 

おしまい
 



こちらヨーロッパ企画福岡支部(LOVE FM) 
京都を拠点に活動する劇団・ヨーロッパ企画による福岡発オリジナル番組。
【イシダカクテル】は、番組開始2013年の第1シーズンから続く大人の恋愛ラジオドラマ

他の「深夜の恋愛小説」も見る↓↓↓

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP