まち | ひと

大名の空きテナントがギャラリーに!社会実験「One Kyushu ミュージアム」はじまる!

2020年09月03日 11:00

今回の新型コロナウイルス感染症の影響で、福岡の街も大きく影響を受けています。天神・大名地区のテナントや飲食店も空き物件が目立ってくるようになってしまいました。

大名で50年不動産事業を行っている株式会社大央の社長であり、建築家でもある松岡恭子氏が中心となって、空きテナントや休業中の飲食店を九州の物産を紹介するギャラリーとして有効活用する社会実験が9月1日よりスタート。

「チョコレートショップ」の佐野隆氏、音楽プロデューサーの深町健二郎氏など、福岡を代表する多種多様な人々が参加している壮大な取り組み「One Kyushu ミュージアム」です。福岡の大名をステージに、九州が誇る工芸や名産品の展示・紹介を5か所で展開。多彩な専門家によってその特徴や組み合わせの面白さを解説します。スケジュールは公式HPをチェックして。

ぜひ、大名の随所に設けられる各会場へ足を伸ばしてみて。


【会場1】BPRスクエア天神大名
福岡市中央区大名2-1-53 1階 展示のみ

【会場2】エクラスリット
福岡市中央区大名1-12-6 展示のみ

【会場3】BASSIN
福岡市中央区大名1-9-63プラザホテル天神1階 飲食を伴う会場 ※BASSINとのコラボ企画

【会場4】dot.
福岡市中央区大名1-15-35 大名247ビル2階

【会場5】情報発信ステーション TENビル
福岡市中央区大名1-13-17 天神西通り沿い


●社会実験 One Kyushu ミュージアム 2020
https://onekyushumuseum.com/

 

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP