グルメ

個人的で恐縮ですが、大名で出会ったスリランカの味に夢中!

2020年09月14日 11:00

無性にカレーが食べたくなる。こんな時だからこそ、福岡のカレー・地元店を応援しようと「ぴあ」よりカレー好き必読の1冊が出版されました。天神サイトでは9月をカレー月間とし、過去の記事よりとっておきのカレーをピックアップしました!
 


 

今日訪れた「CEYLON(セイロン)」も、そんなお散歩中に見つけた1軒。西通りからジョーキュウ醤油に向かって左手、様々な飲食店が入店するビル1階の角にあります。

 

まずはこの、看板に惹かれたのです。「スリランカカレープレート」。めっちゃおいしそう〜〜〜〜!

 

大きな窓から店内を覗いてみると、あら素敵。木と緑のバランスが、スリランカを想像させます(まだ行ったことないけど…)

↑入口の床のデザインもカワイイ

↑カウンターも落ち着けます

店長として店を切り盛りしているのは、スリランカはキャンディ県出身のドゥミンダさん。日本に来てまだ3年でありながら、スリランカ時代から日本語を学んでいたこと、来日後は「磯貝」で働いていた経験があり、言葉も包丁さばきも美しい!

↑爽やか好青年

さて、そんなドゥミンダさんが腕を振るう「スリランカカレー」、カレーはチキンまたはフィッシュ、さらにライスかヌードルをセレクトできます。今日はフィッシュ&ライスで。

ご飯を中心にレイアウトされたカレーが華やか!手前から左回りにココナッツの炒め、サバのカレー、水菜・玉ねぎ・トマトのサラダ、オクラのカレー、レンズ豆のカレー。そして全体に、フィッシュのカレーをかけていただきます。

全部混ぜていただくのがベストらしいのですが、皿全体を混ぜるのではなく、「お皿の手前部分にスペースを作り、そこで少しずつ混ぜながら食べるとスマート!」とドゥミンダさん。また「本当は手で食べた方が美味しい!スプーンも用意していますが、おしぼりもあるのでぜひトライしてみて」とのこと。

このカレーがとっても美味しくて、美味しくて! スパイシーだけど、「辛さ」より「旨み」が強い味わい。辛さはじんわり、追いかけてきます。そのベースとなっているのが、「ツナパハ」という、スリランカの各家庭で調合されているスパイス。ドゥミンダさんのお家のツナパハにはフェンネルシードやコリアンダーシードなど7種類ほどのスパイスが入っているとのことですが、きっとこの調合のセンスが抜群なのね。

また「スリランカカレー」と並んで人気のメニューが「もちもち極太麺 カレークリームスパゲッティ」。こちらはドゥミンダさんとオーナーの共作らしいのですが、これもめちゃめちゃ美味なんです。

↑スパイシーなカレーに、クリームソースが合う!

そしてこれらランチメニューに加え、グランドメニューは終日オーダー可能。アルコールもいただけるので、昼飲みもOKなのですよ〜(鼻息)!

↑ビールのつまみにベストマッチな、「カジュバドゥマ(カシューナッツのスパイシーロースト)」

↑サクサクとした衣の中にはカレーが詰まってます。「スリランカロール」

↑小麦粉ベースの生地(ロティ)を伸ばして細かく切ったものに、チキン、野菜を加えた「コットゥロティ」。福岡在住のスリランカの若者は、これば〜っかりオーダーするそう(笑)


※外出の際はマスクや手洗いを忘れずに。3密を避けながらお出かけしましょう。


 


※掲載内容は取材時の情報に基づいており、実際と異なる場合があります

プレイス情報PLACE

CEYLON(セイロン)

住所 福岡市中央区大名1丁目13−12 大名ことうビル1F
TEL 092-724-3443
営業時間 11:30〜16:00 / 17:30〜25:00(OS24:00) ※土日祝11:30~25:00(OS24:00)
定休日 不定

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP