グルメ | イベント

長崎松浦アジフライがやって来た!

2020年08月11日 12:00 by ソノユウ。

今夏、イムズ3Fの『ローカルデベロップメントラボ』にて、アジフライの聖地・長崎松浦の『AJIFRY★M-POP PROJECT at IMS』を展開していることはすでにお知らせしていましたが、なんと、追加イベントとして、カフェカウンターにて「長崎松浦アジフライ」ランチを食べられるようになりました!

「アジの水揚げ量日本一」を誇る長崎県松浦市が、全国に向けて『アジフライの聖地 松浦』を宣言したのは、2019年4月27日。以来、松浦で、福岡で、九州各地で、そして遠くは東京で、ビッグな松浦アジフライ巡業イベントを猛烈展開!松浦市の“アジフライ番長”が揚げに揚げたアジフライは、なんと総数1万尾以上!刺身で食べられるほどの新鮮なアジを使った美味しさを、全国へ届けられるまでに。

「松浦のアジフライ定食(890円)」は、8月末まで土日祝日限定!しかも、なんとアジフライ一尾(240円)が追加できるという、替え玉制もあり!!サクサクふわっふわっな日本一のアジフライが味わえる貴重な機会です。テイクアウトは一尾(300円)※すべて税抜価格。

この写真はアジフライ2枚なので、890円+240円の1130円(税抜)!臭みがなくジューシーで、日本一のアジフライにふさわしい味!

アジフライには欠かせない「タルタルソース」は、当店特製の味噌タルタルソース!ここくの麦味噌をベースに、ほどよい酸味が食欲をそそる特性ソースです。大葉の隠し味も効いてます。アジフライと合わせてご賞味くださいね。

また、全国人気のイラストレーター・ノンチェリー氏がデザインした「松浦アジフライ・オリジナルTシャツ(2200円、160/S/M/L/XL)」は売り切れ続出で、現在3回目の追加発注中!当店で販売するTシャツは白(2,200円)のみですが、

このほか、松浦の特産品(旬さば缶詰1080円/旅亭吉乃や・鷹島の天日干し648円/無添加いりこ500円など)も同時発売!「鷹島の天日干し(干物)」は、島の漁師が獲れたばかりの鮮魚をすぐに天日干し、一つ一つ手作業で串に刺してこんがりと焼き上げました。常温で保存でき、袋から出してそのままお召し上がりいただけます。今回は鯛とイトヨリが登場。

このほか店内には、松浦市でのみ買える、松浦アジフライ・オリジナルグッズも展示中(販売は松浦市のみ!)。松浦アジフライの世界観をハッピーに表現したアジフライトートバック(1500円、デニムカラー/ナチュラル/グレー)やアジフライピンバッジ(600円)などの商品も展示しています。もちろん、すべてノンチェリー氏デザイン!



ふだんは長崎松浦でしか食べることができない、日本一の松浦アジフライは8月末日まで!どうぞこの機会に、堪能してみてはいかがでしょうか?

取材・文:ソノユウ。
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

ローカルデベロップメントラボ(LDL)

住所 福岡市中央区天神1丁目7-11 イムズ3F
TEL 092-738-6620(代)
営業時間 10:00〜20:00
定休日 イムズ休館日に準ずる
URL https://ims-tenjin.jp/restaurant/detail/?shopNo=435

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP