まち | 天神サイトからのお知らせ

【新型コロナ 世界レポート】まだ終息の見えない、情熱の国ブラジル

2020年06月07日 18:00

世界中に蔓延した新型コロナウイルス。いつ終息するか不明で不安な日々が続いています。毎日のように耳にする諸外国のニュースがあるけれど、実際に海外で生活している人たちは?そんな声を聞きたいと思い、天神サイトではアンケートを行ってみました。

早く事態が収まり、世界中の人々が安全に暮らせる日が取り戻せますように!

●住んでいる国/地域と都市:ブラジル/リオグランデドノルテ州
●お名前(ニックネーム):Welder
●出身国:日本
●性別:男性
●年齢:56歳
●職業:アジア料理レストランオーナーシェフ


【感染者数】584,016名(6月4日13時時点)

【公的機関から緊急事態宣言のような発令は?】
リオグランデドノルテ州から3月13日より5月20日の間までに20の法令が発令。市民の外出制限から、商業施設、宗教施設、飲食店の運営などについて非常に詳細な指示がありました。そして、現在のところ6月4日まで延長と発表されています。

【制限の内容は?】
基本的にロックダウンに近いもので、違反者には罰金・逮捕があります。この周りは海辺のリゾート観光地で欧米やブラジル中からの観光客で賑わいますが、今はビーチに全く人影がありません。

飲食店はデリバリーのみ営業可。生活用品店はマスク着用や入店の人数制限などがあるが通常営業。娯楽施設(ショッピングセンターなど)は営業禁止です。

【勤務形態は?】
自営のレストラン業です。通常営業が不可能なため、デリバリー営業のみで苦戦中。

【あなたの国の生活保障は?】
今回の法令による生活困窮者は政府に申請し審査により認められれば、600レアル(約12,000円)が数回にわたり支給されます。

【自宅の生活は変化しましたか?何をして過ごしていましたか? 】
感染防止のため友人達との往来(宴会?)を控え、もっぱら読書と音楽を聴く生活です。

【ブラジルを取り巻く状況について教えてください。】
ブラジルの現大統領・ボウソナロ氏は今回、「コロナは軽い風邪のようなもの」発言に象徴されるように、経済優先で封鎖反対の大統領として有名になっているかと思います。人命優先で封鎖政策の州知事達との対立によって、両陣営支持者同士のデモや衝突も起きています。

保険省の大臣が2人続けて辞任するなど政治の混乱が続いていますが、大統領は強靭な姿勢を崩さず、その間あっという間に感染者数は米国についで世界2位となってしまいました。人口密集地のサンパウロやリオデジャネイロは医療現場が崩壊してしまい、閉鎖に追い込まれる病院が出ています。それでも今のところはコロンビアやペルーなどのような市民と治安部隊との激しい衝突という事態は起きていません。(今後はわかりません)

ブラジルも貧困率の高い国ですが、前の左派政権労働党(ルーラ2期~ジウマ1期途中まで:連続再選は憲法で2期まで)の政策によって実現されている貧困層への生活保護や無料の医療体制がかろうじて国民に理性を保たせている印象です。

しかし私の住む(比較的感染者の少ない)ここリオグランデノルテ州でも医療現場が限界に近づいているようで、すでにベッドは満員。新規入院はすぐにはできないという状態になりました。物騒ながらすでにお墓も満員だそうです。

【海外渡航者(出国/入国)制限や措置はありますか?】
外国人の入国は4月28日より30日間制限されている。

【日本についての報道は?】
こちらでの報道はほとんどなし。ダイヤモンドプリンセス号への時点から迷走した政府の対応なのに全体として他国に比べ感染がひどくなっていないのは不思議な印象。

↑牛しか歩いていない…

※この内容は2020年5月27日時点のレポートです

●ほかの国はこちらをチェック!「新型コロナ 世界レポート」
https://tenjinsite.jp/feature/covid-19/
 

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP