グルメ

今でしょ!我が家だけの味噌づくり

2020年05月25日 12:00 by ソノユウ。

日本の食卓にゼッタイ欠かせない「味噌」。昔は、各家庭で手作りした自家製味噌を使うことも珍しくなかったので、その家庭によって味が違っていたんですね。そんな手作り味噌が最近見直されてブームになっています。その理由は第1に「美味しい!」こと。第2に「栄養価が高い!」こと。

市販味噌の多くは、10か月も熟成されていません。加温することで醗酵を強制的に進め、だいたい3ヶ月で作ってしまうものが多いのです。もちろん、手作りの味噌は加温熟成はさせず、昔ながらの天然醸造で醗酵させます。

それでも「作ってみたいけど材料集めが面倒!」という方に朗報!『ながお麹カフェ レッドクローバー』から、新しく「味噌作りキット」が満を持して発売になりました〜♪

『ながお麹カフェ レッドクローバー』では、定期的に味噌作り体験も行なっており、根強いファン、リピーターでとにかく毎回“満員御礼”。実は私も昨年11月末にこの講座に参加し、初めての味噌作りに挑戦!この春、ようやく発酵がすすんだ味噌で手作り味噌を試食、「今まで食べてた味噌汁はいったいなんだったんだろう〜」と思うほどの美味しさ!(←これが手前味噌、というやつですね笑)本当に心底感激したのです。

手作り味噌は、1月下旬から2月にかけての寒い時期に仕込む「寒仕込み」が通常ですが、「気温も安定した5月は、実は味噌づくりに適した季節なのです。夏には出来上がり、熱中症対策ができますから。そもそも材料の麹には消化酵素や代謝酵素など200~300の酵素があるといわれていて、消化酵素が働くことにより消化を助け、臓器に不要な負担をかけなくてすむのです。コロナ禍の今こそ口に入れるものは“無添加”を選び、免疫力を落とさないようにしてほしいのです」とは、オーナーの荒巻さん。

ステイホーム、おうち時間が十分にある今こそ、ぜひ「手作り味噌づくり」を推したいと思います!

**************
『ながお麹カフェ レッドクローバー』の手作り味噌キットは、こちら!

●無農薬の米麹
●つぶし大豆
●ヒマラヤ岩塩

以上、材料はたったこれだけ!これが「無添加」の証です。お値段は4,000円(2kg)。※つぶし大豆でないもの(乾燥大豆)は3,500円で販売

「キットは一度覚えると何度も作れます。ほかの類似キットより麹の割合が多いのが特長です。麹をたくさん入れることで、熟成が進み、早づくりとなりますし、何より栄養価が高い。うちのお味噌は、麹が市販の倍も入っています!2kgの目安としては、毎日4人でお味噌を飲むと1ヶ月でなくなるくらいの量。一人暮しでは3ヶ月ほどもちますよ。コロナ禍で戻れない学生さんに、親御さんがこの手作り味噌を送ったりされています」と、荒巻オーナー。

**************
キットには「作り方」がきちんと書いてあるので、全くの初心者でも大丈夫!以下は、私が体験した『ながお麹カフェ クローバー』での味噌作り体験時の様子をご紹介します!

<作り方>
1:まず、キットに入っている無農薬の米麹とヒマラヤ岩塩を手でよく混ぜ合わせ、そこにつぶし大豆を投入。さらにしっかりと混ぜます。ここでよく混ぜないと発酵が巧くいかず、美味しい味噌ができません。しっかりと60回以上(約30分)、がんばりましょう!



2:次に、混ぜ合わせた味噌を団子状に丸めます。だいたい小さなおにぎりくらい。



3:2をビニール容器に詰めていきます。その際、空気が入らないように味噌団子を上から押さえながら丁寧に。



4:製造日を書き入れ、仕込み完了!手作り味噌キットだと、自宅ではたったこれだけで完了なのです!カンタンでしょ?!

あとは自宅で寝かせるだけ、毎日発酵を待つ時間さえ本当に楽しみになってくるから不思議です。「マイ味噌、愛おしい〜♪」という感じ。そうやって3〜4ヶ月も待ったあとの味噌汁ですから、“手前味噌”ですが美味しくないはずがありませんね!おうち時間が豊かになること間違いありません!ぜひ、トライしてみてください。


 

取材・文:ソノユウ。
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

ながお麹カフェ レッドクローバー

住所 福岡市城南区長尾5丁目9-11 (西鉄バス/島廻り橋バス停(大池通・油山観光道路)より1分)
TEL 092-985-3846
営業時間 11:00~18:00(OS)
定休日 水曜(※イベント出店等不定休)
URL https://www.facebook.com/nagao.kouji.caffe.redclover/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP