音楽 | おうちで、ゆっくり聴きたい音楽 | ひと

パワーをもらえる!レゲエを愛するDJ Lueの「おうちで聴きたい曲」

2020年04月30日 18:00 by はたゆう

福岡でも緊急事態宣言が発令され、自宅でゆっくり過ごす時間が増えました。そして、おうち時間が増えると、いつも通の生活が送れなくもどかしい思いをしている方も多いかもしれません。そこで、天神サイトでは「おうちで、ゆっくり聴きたい音楽特集」をスタートさせました。天神にスタジオがあるラブエフエムのDJに「おうちで、ゆっくり聴きたい音楽」について聞いてみたので、是非参考にされてください。

【アルバム(レコード)】
EP 「RAPTURE」

【アーティスト】
KOFFEE (コフィー)

【Lueさんのコメント】
番組でもよくオンエアしているKOFFEE。彼女は、「マジですごいんです!!!」と、若者ぶった言葉を使ってみたのですが、本当に驚いスピードで躍進しているレゲエアーティストです。
ジャマイカの首都キングストンから西へ20km、かつての首都だったスパニッシュタウン出身の彼女。彼女の最初のリリースは2017年の「BURNING」。弱冠17歳でした。
この曲がすぐに世界中から注目を集め、MAJOR LAZERのWALSHY FIREから連絡を受け、2018年にはセカンドシングル「Raggamuffin」をリリース。更には、COLUMBIA UKと正式に契約し、「Toast」でメジャーデビュー。そして、2019年に5曲入りのEPをリリース。(この中には「Raggamuffin」と「Toast」も収録されています。)

え?すごいとは思うけど、何がそんなにすごいの?ですって???
実は彼女のこのデビューEPが今年のグラミー賞ベスト・レゲエ・アルバム賞にノミネート!そして、その他の素晴らしいアーティストを抑えて、、、、見事、第62回グラミー賞ベストレゲエアルバム賞を受賞!!!!!(パチパチ。)
しかも、長い歴史の中でも女性がこの賞を受賞するのは初!更に19歳という史上最年少でのこの賞の受賞となりました。
2019年は本当に素晴らしいレゲエアルバムが沢山リリースされていたのに、デビューEPでの受賞は本当に驚きでした。しかし、彼女のずば抜けた表現力と力強いメッセージは初めて聴いた時から、きっと虜になってしまいます。特に私は「Toast」がお気に入りで、1日に1回は聴いてます。飽きないんです。(笑)
現在は20歳の誕生日を迎えたKOFFEE。彼女にはシンデレラストーリーなんて言葉は似合わない。才能溢れる彼女は、正真正銘のトップアーティスト。ジャマイカでは、彼女の活躍により、若いレゲエ女性アーティストに世界中から注目が集まっています。
更には、音楽のジャンルを超えてレゲエ以外のアーティストからも熱望されているKOFFEEが、カリブ海に浮かぶ小さな島、ジャマイカで誕生したレゲエをもっともっと、進化させてくれるのが、今から本当に楽しみです。あっ!ちなみに、ジャマイカは日本で言うと秋田県と同じくらいの面積です。
みなさんも、お家時間が増えストレスを抱えてる方も沢山いらっしゃると思います。私も同じくです。が、そんな時は彼女の曲を聴いて、「20歳の子には、まだまだ負けられん!」とポジティブなパワーをもらってます。(笑)新型コロナが落ち着いたら、大切な人達と一緒に「日々への感謝」の気持ちを込めて、KOFFEEの「Toast」で乾杯できる日を楽しみに。。。STAY HOME!BE SAFE!


【DJプロフィール】
●名前: Lue
●担当番組:Top of the Morning(金)7:00〜11:00
レゲエ好き。番組聴いてくださいねー!メッセージもお待ちしてます♪

instagram→ https://instagram.com/dj_lue
facebook→ https://www.facebook.com/ruriko.tagomori

取材・文:はたゆう
このライターの他の記事を読む

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP