音楽 | ひと

筑前琵琶の職人がたった一人、ここ天神にいることを知っていますか?

2020年04月26日 12:00 by はたゆう

皆さん、琵琶という楽器をご存じですか?見たことはあっても、実際に演奏を聴いた人は意外に少ないのではないでしょうか。
この楽器、起源はペルシャあたりで、中国を経て日本に伝わってきました。遠く奈良時代のこと。以来、芸能や祈りの場で、琵琶はなくてはならない楽器となりました。とくに中世、あの「平家物語」を携えて各地を放浪徘徊した琵琶法師はよく知られています。彼らは、世の栄華と無常を奏で、多くの人たちの心を揺さぶったのです。
そんな中、筑前琵琶は明治中期から昭和初期にかけ、優美で艶やかな音色で大変な人気を博しました。そして、その筑前琵琶のたった一人の作り手が、ここ天神で活動をしています。イタリア出身のドリアーノ・スリス氏という方で、作り手の後継者を担う場として「琵琶館」を今泉の季離宮でスタートさせるべくクラウドファンディングを行っています。

「琵琶館」では、琵琶という楽器や音楽をもっと知ってもらい、何より筑前琵琶の製作を守っていきたい、と同時にその技術で他の種類の琵琶の修復もできるようにしたい。そんな場を目指しているそうですよ。
興味のある方は是非下記サイトをチェックしてみてください。

よみがえれ!楽器筑前琵琶~ドリアーノプロジェクト~
https://camp-fire.jp/projects/view/236151 

 

取材・文:はたゆう
このライターの他の記事を読む

よみがえれ!楽器筑前琵琶~ドリアーノプロジェクト~EVENT

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP