日々是食欲

自粛ムードの今だからこそ、プラチナシートをゲットできる?

2020年03月12日 18:00 by 弓削聞平

本来であれば歓送迎会、花見など、飲食業界が活気づく時期だけれど、今年は新型コロナウイルスの件で多くの店が強烈なダメージを受けている。キャンセルも続出、イベントは中止、外食控えで閑古鳥……という店がいっぱいだ。しかも人数が多い予約ほど、キャンセルになりやすいので困ってしまう。そうなると当然ながら、飲食店に食品や飲料を卸してるところも痛手が出るし、バイトで入る予定だった人は、店がひまだからしばらく来なくていいなんてことを言われたりもして、その影響は広範囲に及んでいる。ぼくの知っているワインバーは、ヨーロッパから生産者を呼んで試飲を兼ねたイベントをする予定だったが、肝心の生産者が来ないということになり中止になった。大きなところで言えば武雄でやることになっていた「アジアベストレストラン50」の表彰式を兼ねたイベントもなくなった(日本開催は初めてだった)。これまで準備をしてきた方々、そして実害を受ける方々は本当に大変だ。そして、いつになったら通常の状態に戻るかの目処が立たないのがまた困りもので、これから季節がよくなるに従って飲食のイベントは増えるのだが、それらを実施するかしないかの判断も迫られるし、チケットを販売するという点でも中止の可能性を踏まえつつ販売しないといけないというもどかしさに直面している。

外食を控えたいという人には関係ないが、ぼくのように気にせず外食するようなタイプにとって唯一ありがたいのは、いつもはかなり先じゃないと予約が取れない人気店に、キャンセルが出て急に入れる可能性があることだ。人気店の場合は、キャンセルが出てもすぐ埋まる場合も多々あるけれど、電話してみる価値はある。特に海外や東京のお客さんが多い店などは、運良くスッと入れるかもしれない。ぼくが「大丈夫」と断言することはもちろんできないけれど、この機を狙って人気店の予約にチャレンジしてみるのもいいかもしれない。でもくれぐれもうがいや手洗いはお忘れなく。

取材・文:弓削聞平
このライターの他の記事を読む

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP