グルメ

福岡のクラフトビール熱を底上げ‼八女の上質なフルーツを使ったクラフトビールが限定発売!

2020年03月06日 12:00 by 下田 浩之

福岡の巷でトレンドになりつつあるクラフトビール

ハイボールや焼酎のソーダ割りなど、若者がビールを飲む機会が減っているといわれる今、ここ天神ではクラフトビールが話題となっています。クラフトビール専門の立ち飲み屋がオープンしたり、普通の居酒屋でもクラフトビールが飲めることも多くなりました。色々なフレーバーが楽しめたり、ビール瓶もデザイン性が高かったりと、気軽におしゃれに飲めるのが、今、街に広がっている理由の一つかもしれません。

八女の上質なフルーツを使ったクラフトビール

そんな中、ここ福岡のクラフトビール熱がさらに高まりそうなニュースが入ってきました。八女のフルーツを使用したクラフトビールがここ天神界隈で飲めるというニュースです。八女といえば言わずも知れた福岡のフルーツ天国。そんな八女市をフルーツでブランディングする取り組み、八女市フルーツブランディングの一環として、今回、八女市にあるべんがら村併設の「八女ブルワリー」にて、八女のフルーツを使用した3種類のクラフトビールの開発と、数量・期間限定での販売が決まったそうです。

▶八女フルーツブランディングとは
お茶をはじめ、イチゴ、キウイフルーツ、かんきつ、ぶどう、梨など四季を通じて収穫され、「博多あまおう」の主要産地でもある八女市。広大な八女の土地を活かした、高い栽培技術による高品質な作物の生産がなされている。八女産のフルーツに付加価値をもたらすと共に、農業所得の増大と農業経営の安定を図ることを目的とし、八女フルーツブランディングとして推進。


高品質という安心。原材料が分かる安心。

開発・販売されるクラフトビールは三種類。シャインマスカットと巨峰を使用した「IPAグレープエール」。早摘みかんを利用した、さわやかな酸味が特徴の「シトラスベルギーホワイト」。人気のあまおうを使用した、「あまおうカカオスタウト」を八女フルーツエールとしてそれぞれ発売するそうです。食の安全性が重要視される世の中で、原材料がきちんと分かったうえで、しかも品質が高いというのはとてもうれしいことですよね。

 

ラインナップはこちら

第1弾展開
IPAグレープエール

[商品概要]IPAという種類のビールをベースに、ホップの芳醇な香りと、八女産巨峰とシャインマスカットを使用した、 フルーティーなクラフトビール。 巨峰は独特の食感とみずみずしい甘味を凝縮。温暖な気候と恵まれた清流で育ち、施設(ハウス)栽培を中心に土作りを 行い栄養分豊富なのが八女産の特徴。またシャインマスカットも一部入れることで、芳醇な香りも特徴。


第2弾展開
シトラスベルギーホワイト

[商品概要]八女で収穫される早摘みかんを使用して、さわやかな酸味のみかんの香りづけを行い、フルーティーで飲みやすいのが特徴。

 

第3弾展開
あまおうカカオスタウト

[商品概要]八女産あまおうとカカオを利用した、チョコレートのような風味のビール。 温暖な気候の八女地域で育った「あまおう」は、濃い甘みの中にほのかな酸味が楽しめる最高の一品です。

 

★第1弾販売店舗はこちら

♦八女市健康増進施設 べんがら村(福岡県八女市宮野100)
♦アフターザレイン(福岡市中央区今泉2丁目5−24 権藤ビル 1F)
♦ビストロコア(福岡市中央区白金1丁目3−5 アストア薬院1F)
♦Pin(福岡市中央区高砂1-12-2)
♦ヒラコンシェクラシック(福岡県福岡市中央区警固2丁目11−16 2F)
♦アマムダコタン(福岡県福岡市中央区六本松3-7-6)
♦ABBEY(福岡市中央区薬院2丁目4−5 103大稲マンション 1-B)
♦como es(福岡市中央区今泉2丁目1−75)
♦barvita(福岡市中央区今泉2丁目5-17)
♦fam(福岡市中央区警固1-6-3 ハナタレ横丁1F)
♦Lille Curry Bar(リルカリーバー)(福岡市中央区大手門3-1-13)

限定販売商品のため、売り切れの場合がございます。
第1弾販売から第3弾展開の店舗が異なる場合があります。

取材・文:下田 浩之
このライターの他の記事を読む

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP