ショッピング | イベント

木の温もりを肌で感じる〈高橋工芸〉の木製テーブルウエア

※このイベントは2020年3月1日(日)をもって終了しました。

2020年02月22日 08:00 by 山内淳

主に北海道産の樹種を用いて、シンプルかつ機能的なテーブルウエアの制作を行う〈高橋工芸〉。1965年に北海道旭川で家具の脚(飾り柱)などを手がけていましたが、家具の需要低迷に伴い1980年代からろくろ挽きのカップやシュガーポットを製作。旭川の木製テーブルウエアの元祖というべき存在です。

灯りにかざすと透けるような薄さの「Kami」シリーズ。センの木をロクロで挽き、グラスの厚みは約2mm。木の器は口当たりがよく、温かみが伝わってきます。どのシリーズより軽いのも特徴の一つです。

独特な木目が個性的な「エンジュ」シリーズ。エンジュの木は漢字で「槐」「縁寿」とも書き、「古くより魔除けの木」「幸せの木」として親しまれています。とても縁起のいい木であることから、贈り物にもおすすめです。マグカップやお猪口がバリエーション豊富に揃っています。

ふんわりと丸いタマゴの形をモチーフにした「Cara」シリーズ。木目が目立たないシナの木を用いた、料理を引き立てるお皿など食べ物を盛り付ける器が中心です。どれもウレタン塗装やオイル塗装を施しているので、油汚れも落ちやすく洗いやすいです。

どの角も柔らかく角丸に仕上げられた「Kakudo」シリーズ。バターケースや鍋敷きなどキッチンで使う木の道具が中心で、樹種はチェリー、ウォールナット、メープルから選べます。

これら〈高橋工芸〉のは、『tokineri(トキネリ)』にて3月1日(日)まで売り場を拡張して展示中です。この機会にぜひご覧ください。

 

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

高橋工芸EVENT

期間 ~2020年3月1日(日)

プレイス情報PLACE

tokineri(トキネリ)

住所 福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインモール1F
TEL 092-409-5506
営業時間 10:30~19:30
定休日 博多リバレインモールに準ずる
URL http://www.tokineri.com/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP