舞台

生田斗真&中山優馬初共演!福岡出身・藤原さくら出演、劇団☆新感線の舞台が博多座にて上演

2020年02月02日 15:00 by 筒井あや

中島かずき脚本、いのうえひでのり演出の“いのうえ歌舞伎”、久しぶりの完全新作!

2019年~2020年にかけて3年ぶりの劇団☆新感線本公演、旗揚げ39周年にあたる“サンキュー興行”。
  2019年“春公演”に大阪、金沢、松本公演を行い、好評を博した本作が、2020年4月4日から、いよいよ博多座に登場します!

『偽義経冥界歌』(にせよしつねめいかいにうたう)は、2016年の『乱鶯』以来のいのうえ歌舞伎の新作で、劇団の座付き作家・中島かずきによる完全新作は2014年の『蒼の乱』以来。中島がモチーフとして選んだのは“奥州三代”と“義経黄金伝説”。中島脚本ならではのファンタジーも散りばめつつ、歴史ミステリー好きの心をもくすぐるアッと驚く展開にいのうえひでのりのダイナミックな演出が加わり、他では決して観られない極上のエンターテインメント時代活劇が誕生!

本作で、主人公の偽義経(源九郎義経)・奥華玄九郎国衡を演じるのは、劇団☆新感線4年ぶり4度目の出演で、いのうえ歌舞伎には初出演となる生田斗真。そして生田とは意外にも初共演というジャニーズ事務所の後輩・中山優馬が、偽義経の弟・奥華次郎泰衡を演じる。そして福岡出身のシンガーソングライター・藤原さくらが本作で初舞台を踏んだ。

——博多座公演に向けてまずは一言お願いします。

生田斗真:この公演は2019年の3月からスタートしまして、大阪、金沢、松本とまわって参りました。びっくりするくらい評判のいい公演ですので、博多座で上演できることをすごくうれしく思ってます。

中山優馬:初演から時間が経っていますが、再びこの公演がやれることを、すごく楽しみにしていました。博多座さんに立たせていただくのも初めてなので、頑張りたいと思います。

藤原さくら:今回の「偽義経」が初めての舞台になります。舞台のエキスパートである、斗真さん、優馬さんからたくさんご教授いただきまして、なんとか大阪、金沢、松本公演を終えました。地元の福岡で、初めて博多座の舞台に立てることを、とても光栄に思います。

——演じられる役どころを教えていただけますか?

生田斗真:僕の役は、ひょんなことから偽の義経として生きていくことになって、その中で色々な災難に巻き込まれていくという役です。なかなかネタバレになるので、言えないことが多いんですけど、ちょっとおバカで正義感が強くて情に厚いというような、劇団☆新感線的なヒーローだなと思っています。
一番の見どころは立ち廻りのシーンだと思いますが、劇団☆新感線史上最多の立ち廻りをこの作品ではやっていますので、出ている役者は大変なんですけど、来てくださったお客様には楽しんでいただけると思います。

中山優馬:斗真くん演じる偽義経の弟役で、生真面目な性格です。斗真くんは偽義経を、ちょっとバカな役と言っていましたが、相当バカな兄貴役だと思っているので(笑)、お茶目な兄貴のもとで、兄貴のことが大好きな弟役を演じたいと思っています。

藤原さくら:私は大陸から渡ってきた“歌うたい”という役で、作品の中で一人だけ日本人役ではないので、台詞に難しいところがたくさんあって、苦労しています(笑)。ちょっと男勝りな女の子という感じですが、とにかくたくさん楽曲を歌いますが、素敵な曲ばかりなので楽しく歌わせて頂いています。

——39年も続くほど大人気の劇団☆新感線ですが、その魅力はどんなところにあると思いますか?

生田斗真:17歳の時から新感線のみなさんと一緒にお仕事をさせて頂いていますが、その時から大学時代に「面白い演劇を作ろうぜ!みんなを驚かせてやろうぜ!」といって旗揚げした時の楽しさや、その時の空気感というか、熱い想いが続いている感じが今でも続いている劇団。僕らのような外の人間が入ってきても、大学時代から一緒に演劇をやっていたんじゃないかという空気を作ってくださる温かさが、あって大好きです。そういう雰囲気が作品にも出ているから人気が続いているのかなと思います。

中山優馬:今作で初めて参加させて頂いたんですけど、稽古場で驚いたのが、いのうえさんを筆頭にみなさんが、ゲラゲラ笑いながらお芝居を作っていて、自分たちが楽しんでお客様を楽しませるという想いがあるから、これまで大きな劇団になったんだろうなと感じました。

藤原さくら:劇団☆新感線の舞台は、お客さんとしてたくさん観に行っていたので、今回出演のお話を頂いた時に、びっくりしました。新感線のみなさんと演技をしていて感じるのは、みんながいのうえさんに対してリスペクトしているし信頼していてるんだなということです。

——生田さん、中山さんお二人が兄弟役ですが、似ているなと思うところや尊敬する部分などは?

生田斗真:似ているなと思う部分は、顔が濃いところかな(笑)。お父さん役の橋本さとしさんを含め、顔が濃い家族ですね。尊敬する部分は、お芝居の経験値も豊富ですし、演出家(いのうえひでのり)に言われたことや先輩方に言われたことをスッと自分のものにして表現に変えていく力が素晴らしいなと思います。ジャニーズ事務所の教育ってスゴいんだなと思いました(笑)。

中山優馬:本当に尊敬しています。ジャニーズ事務所は、グループが多い中で一人で俳優としての地位を確立したのは斗真くんなので、その後ろについて行けるのが有り難いことですし、たまに同じ事務所の先輩だということを忘れるくらい、一人の役者さんとして近くで勉強させて頂いています。

——公演を楽しみにしているみなさんにメッセージをお願いします。

藤原さくら:いつもはライブで帰って来る福岡ですが、今回は舞台で福岡に帰って来られることをうれしく思います。ぜひ楽しみにしていてください!

中山優馬:博多座での公演を本当に楽しみにしていますし、しっかり稽古していい舞台をお届けしたいと思います。頑張ります!よろしくお願いします!

生田斗真:4月4日から博多座公演が始まります。その前に僕たちは東京で公演をやって、よりよい舞台を作ってこの博多に来られたらと思っているので、楽しみにお待ちください。

 

2020年劇団☆新感線39興行・春公演 いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』は、4月4日(土)から博多座にて上演
チケット一般発売は2月8日(土)から!

 

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

2020年劇団☆新感線39興行・春公演 いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』EVENT

会場 博多座
期間 2020年4月4日(土)~2020年4月28日(火)
料金 一等席 14,500円 二等席 10,500円
※一等席は客席1F,2F 二等席は客席3Fとなります。
チケット発売日 2020年2月8日
主催者URL https://www.hakataza.co.jp
※未就学児入場不可
お問い合わせ 博多座(TEL:092-263-5555)

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP