音楽 | イベント

笑って踊れるピアノトリオ「H ZETTRIO」、二年ぶりのライブハウスツアー

2020年01月25日 08:00 by 深江久美子

精力的な活動で、また一回り成長したピアノジャズトリオ「H ZETTRIO」が2020年の元旦に通算5枚目となるニュー・アルバムをリリースした。2019年は元旦から“12ヶ月連続新曲配信”という斬新なリリースを決行し、その全てがiTunesジャズチャートで首位を獲得。現段階で39連続一位の記録更新中である。(※1月9日現在)

世間では“笑って踊れるピアノトリオ”と形容され、唯一無二のグルーヴと独特なアンサンブルはさらに進化を遂げ、目で見せつける超絶パフォーマンスは音楽家の限界を超えている。

ニュー・アルバムの内容は12ヶ月連続リリースしたシングル楽曲のバージョン違いも織り交ぜ、ボーナストラックを追加した全13曲を収録。これまで同様、“EXCITING FLIGHT盤”、“DYNAMIC FLIGHT盤”の2形態で発売されている。昨年は5000人収容の静岡・グランシップでのライブから始まり、毎年恒例のこどもの日スペシャルライブの大阪城野音での初開催、世界遺産でのコラボライブ、全国各地のフェスへの出演、そして夏から年末までの全国ロングホールツアーと精力的に活動。

2020年はこのアルバムを引っ提げ、1月から4月にかけて全国ツアー「RE-SO-LA Tour 2020 先駆けトリオピック」がスタート。福岡では3月14日(土)に福岡DRUM LOGOSでのライブが決定。約二年ぶりのライブハウスツアーになる。12ヶ月連続シングル配信も継続が決定し、計24ヶ月連続配信に。これからのH ZETTRIOに目が離せない!

●H ZETTRIO (エイチ・ゼットリオ)
H ZETT M(piano/青鼻)、H ZETT NIRE(bass/赤鼻)、H ZETT KOU(drums/銀鼻)
2014年、スイスで開催されている世界3大ジャズ・フェスティバル「モントルー・ジャズ・フェスティバル」への出演をキッカケに、国内外の大型フェスに多数出演。ユニーク且つ“無重力奏法”と形容されるテクニカルなピアノのH ZETT M(エイチ・ゼット・エム)と、H ZETT NIRE(エイチ・ゼット・ニレ)、H ZETT KOU(エイチ・ゼット・コウ)が支えるキレのあるリズムセクションを武器に、独自のアンサンブルを響かせ、この3人以外には作り出せない音楽とグルーヴを追求し続けている。

EXCITING FLIGHT盤

DYNAMIC FLIGHT盤
 

取材・文:深江久美子
このライターの他の記事を読む

RE-SO-LA Tour 2020 先駆けトリオピックEVENT

会場 DRUM LOGOS
日程 2020年3月14日(土)
料金 5,500円(※ドリンク代別途)
チケット発売日 2020年1月18日

プレイス情報PLACE

ドラムロゴス

住所 福岡市中央区舞鶴1丁目8−25
TEL 092-751-3811

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP